イクメンパパ必見!5歳までに補助輪なしで自転車に乗れる方法とは?

幼児の子育て情報
スポンサーリンク

こんにちは。

いつもご愛読いただきありがとうございます。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

最近の子供は5歳で自転車を運転出来るのを知っていましたか?

あなたは何歳で自転車に乗ることができましたか?

おそらくほとんどの人は小学生になってからではないでしょうか。

私も小2の時だったと思います。

長男くんは4歳の時に補助輪付きの自転車を買ったのですが、未だに補助輪なしでは乗ることができません。

ところが長男くんの友達は自転車に乗れる子が多いです。

それはなんでかと言うと2歳から乗れるストライダー(キックバイク)と言う乗り物が原因でした。

ストライダーという乗り物とは?

ストライダーとは2歳の歩き始めから乗れる乗り物の事です。

『足を使って進む、止まる、目線を前に向けて曲がる』という本能的な動作でコントロールできる乗り物です。

なんと!ペダル、ブレーキなどを省くことで子供でも持ち運びできる軽さに設計してあります。

STRIDER :スポーツモデル《レッド》ストライダー正規品 バランス感覚を養う ランニングバイク 公式ショップ 安心2年保証 送料無料 ペダルなし自転車 クリスマスプレゼント 子供 男の子 女の子 おもちゃ 1歳 2歳 3歳 4歳

ストライダーに乗るとバランス感覚が向上します

ストライダーは単体で自立することができないので子供はバランスを取りながら乗る必要があります。

繰り返しストライダーで遊ぶうちに、子どものバランス感覚は研ぎ澄まされ、反射神経は敏感に反応していくようになります。

自然とバランス感覚や集中力が高まり、脳の活性化にも有効な働きをもたらすと言われています。

確かにストライダーに乗っていた子は、コマ無し自転車に乗れるのは早かったです。

こちらの記事も合わせて読んでみて下さい。↓

ストライダーのデメリットとは?

ストライダーは子供が歩き始めの時から乗れる優れものなんですが、デメリットもありました。

◎子供が乗らない時は持ち運ばないといけない。

いくら軽いとはいえ出かけ先で持ち運びするのは大変です。

◎公道では危険がいっぱい

広い公園なら思う存分遊べますが、狭い公道を行くのは小さい子供には危険かな?と思いました。

持ち運びは付き添いのお父さんの役目なのか、ストライダーを使ってる子はお父さんと来てる子が多かったですね。

実は三輪車でも脚力は鍛えられる!

長男くんの意向(あまり好きではなかった)と上記のデメリットを考慮してうちは三輪車→補助輪付き自転車を買いました。

三輪車はペダルを踏み込むことで脚力や背筋を使うためバランス感覚も養われます。

スーパーへ買い物に行く時にも使える、後ろにカゴ付きのアイデスカーゴの三輪車を買いました。

こちらの記事も合わせて読んでみて下さい。↓

ベビーカーを卒業する1歳終わり頃から4歳頃まで使いました。

荷物が多く積めること、小さいうちはステップ付き、コントロールバーが付いているのでベビーカーに代わる乗り物としてうちではかなり重宝しました。

ストライダーにするか三輪車にするか迷われる親も多いんではないでしょうか?

早く補助輪なし自転車に挑戦するならストライダーがオススメです!

自転車選びは見た目を重視しました。

自転車は何を重視して選びますか?

きっとほとんどの子供は見た目で選んでると思います。

うちでもそうでした。

自転車は幼稚園の年少の時に補助輪付きを買いました。

あまりスポーツタイプが好きではなかったので、街中ではママが好きそうなオシャレなデザインがいいというのでブリジストンの幼児自転車bikkeにしました。

こちらの記事も読んでみて下さい。↓

ママの自転車は電動アシスト自転車がオススメです!

坂道でもスイスイ走りますね。

こちらの記事も合わせて読んでみてください。↓

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

*記事の感想や商品の感想などコメントいただけたら嬉しいです。

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。↓

友だち追加

ランキング参加中です!

 
人気ブログランキング 

コメント

タイトルとURLをコピーしました