驚きの事実!才能のある子供は親の口ぐせで決まります!

ベビーの子育て
スポンサーリンク

こんにちは。

いつもご愛読いただきありがとうございます。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

「あーこら!バカ!!」「だらしない子ね」

つい子供が悪さしたり、ふざけたりしてると言ってしまいますよね。

うちの子も悪さばかりでついこう言う口癖を言ってしまうんですよね。

実はこの口癖は子供の将来のことを考えるととても危険なんです。

では何故親の口癖は子供のとって重要なのでしょうか?

悪いスパイラルを良い口ぐせのスパイラルに直してみよう!

悪い言葉を良い言葉に直すだけで子供の性格まで変わってくるのって魔法みたいだと思いませんか?

関連記事

天才的な吸収力を発揮!3歳までに子供の脳の80%は出来上がります

驚異の右脳教育!あなたの赤ちゃんも天才児に育てる教育法とは?

良い言葉をかけ続ける子供は自分に自信がつく

子供は自己肯定感が育つので、壁にぶち当たっても乗り越えられ自信がつきます。

子供は自立して、自分で考え、行動するようになります。

結果として、好きなことや夢中になれることを見つけ自分で自分の人生を切り開いていけるようになります。

  • 自分で考え、行動できる
  • 自分の行動に責任が持てる
  • 人の気持ちになって動ける

という子に育ちます。

これは、心理学で「ピグマリオン効果」と言われ、他人から期待されることによって学習・作業などの成果が上がる現象のことで、学校教育や、ビジネスにおいても同じことが言えるんですね。

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加

応援よろしくお願いします!↓

 
人気ブログランキング 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました