効果あり?それともイマイチ?アスミールを試してみた正直な感想!

幼児食
スポンサーリンク

こんにちは。

いつもご愛読いただきありがとうございます。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

長いことブログを休止していました。それでもブログを見にきている方がいてくれて感謝しています。

実は小学一年の長男くんなのですが、ある病気にかかってしまいました。

それはアレルギー性紫斑病というもので、足や全身にじんましんができたり、紫斑といってアザみたいのができる病気なんです。

アレルギー紫斑病にかかって、約1年経ちましたがようやく落ち着いてきました。

アレルギー紫斑病について詳しくはこちら

なんでそんな病気になったのでしょう?

実は、原因がわからないんですよね。考えられる原因を調べてみたら

  1. 食事が原因(特にアレルゲンの強い食材)
  2. 周りの環境(空気だったり水だったり)
  3. 薬や薬剤などで反応する

などなどでいろいろ試しました。

まず、1の食事ですが、目立ったアレルギーというものはなかったのですが、お医者さんから肥満気味と言われそのまま強制的に食事制限することになりました。

2ですが、都会に住んでいるのですが、空気や水のせいだったらと思い、少し離れたスーパーまでアルカリイオン水を買って飲ませましたがあまり変わらずでした。

3ですが、近所の公園で薬剤散布をして、その影響かもしれないかも?ということでしたがはっきりとは原因がわからずでした。

そしてたどり着いた結果が、お医者さんによる食事の改善による治療でした。

 

成長期のお子様に!アスミール

食事の改善により、長男くんの成長のために定期購入したアスミールですがお医者さんの指導のもと制限することになりました。

 

アスミールの栄養分を徹底解析した結果とは?

長男くんの成長の為に定期購入したアスミールですが、栄養成分である糖分が多くて肥満の原因のひとつはアスミールだったとお医者さんに言われました。

アスミールについてはこちらの記事も読んでみてください。

確かに、飲んでみるとココアの味がして、甘い。

栄養を普段からよく採っている長男くんには、アスミールの糖分が過多の栄養になってしまってたのです。

あくまで、アスミールは補助食品で、偏食気味の子どもやスポーツや運動をよくする子供にとって栄養成分は抜群なんですが、普段あまり動かない我が子にとっては過度の栄養になってしまってました。

そのアスミールの栄養分とは

  1. アルギニンL
  2. 亜鉛
  3. プラセンタ
  4. カルシウム

この4つの栄養素が豊富に含まれています。特に成長ホルモンの分泌を助けるアルギニンは特に重要な栄養なんですね。

亜鉛はたんぱく質の補助をする栄養素で体内でエネルギーを作り細胞分裂、免疫機能など大切な役割をします。

プラセンタは胎盤のことなんですがアスミールは植物性の種子の胎座というところの成分を使用していて、アミノ酸が多く含まれています。

そして最後にカルシウムは言わずと知れた骨の元になる栄養素ですね。

これだけ豊富な栄養が含まれているんですね。

我が子には栄養がいきすぎていて過剰にとっていてもいけなかったということでした。

うまいことバランスをとった食事に補助的なものでアスミールを飲ませておけばあよかったかもしれません。

また、偏食気味の子どもには丁度いい栄養補助なのかもしれません。

アスミール 詳細はこちら

結果としてトータルの栄養バランスが大事!

子供の成長は人それぞれなところがあり、タイミングや食事の取り方や栄養バランスでかなり違うのでこのサプリがいいどのサプリがいいとか判断はできないという結果になりました。

そういうわけでいろいろ試してみることをお勧めします。

何種類かお試して使用してみて自分の子供に合ったサプリや補助食品を選んでもらうことが大事だと思います。

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加

ランキング参加中!

 
人気ブログランキング 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました