七夕はどんな日なの?由来と七夕飾りの意味とは何でしょう?

お祝い事・雑学
スポンサーリンク

こんにちは。もねぞうです。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

七夕とはどんな日なのでしょうか?

もうすぐ「七夕」ですよね。

子供の頃に笹の葉に願い事を書いた「短冊」を貼りつけてましたよね。

ウチの長男くんの通っている幼稚園でも、毎年7月の始め頃に「七夕飾り」をします。

でも何でこの時期に笹の葉に短冊?その意味は何でしょう?

昔からある行事なのに、その起源や由来ってあまり疑問に思ったことはありませんよね。

あなたのお子さんに質問されても困らないように、七夕の由来や意味をみていきましょう。

七夕の由来とは?どういうものなんでしょう

七夕は「たなばた」または「しちせき」とも読み古くから行なわれている日本のお祭り行事です。

1年間の重要な節句をあらわす「五節句」のひとつに数えられています。

五節句とは、「節」の事で中国の暦法で季節の変わり目の事を言います。

暦の中で奇数の重なる日を取り出して、季節の旬の植物から邪気を祓うという目的から始まります。

1月7日  人日(じんじつ) 七草粥を食べる風習

3月3日 上巳(じょうし)  桃の節供、雛の節供

5月5日 端午(たんご)  菖蒲や蓬を軒にさす

7月7日  七夕(しちせき) 笹の葉に飾りをする

9月9日 重陽(ちょうよう)  菊の節句

毎年7月7日の夜に願い事を書いた短冊や飾りを笹の葉に吊るして星にお祈りをするという習慣は今もありますよね。

あなたも子供の頃に、たくさんの短冊を吊るして「おりひめ」と「ひこぼし」にお願い事をしましたよね。

七夕の由来はいくつかの説があります

  • 七夕はもともと、日本の神事で「棚機(たなばた)」からという説。
  • おりひめとひこぼしの伝説。
  • 奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」という行事が合わさったもの。

この3つの説が現代の七夕祭りの由来とされているそうです。

「おりひめ」と「ひこぼし」の話は有名で子供の頃から知っていますよね。

七夕に関する絵本です↓ 是非読んであげてください。

「棚機」(たなばた)とはどんな話でしょう?

「棚機」(たなばた)とは古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事の事です。

禊ぎとは川や海の清い水につかり身体を洗いすすぎ、罪や穢れ(けがれ)を祓い清めることをいいます。

乙女が着物を織って棚に供え、神様を迎えて秋の豊作を祈ったり、人々の穢れを祓うというものでした。

選ばれた乙女は「棚機女」(たなばたつめ)とよばれ川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもって神様のために心をこめて着物を織ります。

その時に使われたのが「棚機」(たなばた)という織り機です。

仏教が伝わるとこの行事はお盆を迎える準備として7月7日の夜に行なわれるようになりました。

七夕という二文字で「たなばた」と当て字で読んでいるのはここからきています。

おりひめとひこぼしの伝説とは?

琴座のベガとよばれる織女(しゅくじょ)星は、裁縫の仕事、鷲座のアルタイルとよばれる牽牛(けんぎゅう)星は農業の仕事をつかさどる星と考えられていました。

この2つの星は、旧暦の7月7日に天の川を挟んで最も光り輝いて見えることからこの日を一年一度のめぐり合いのひと考え、七夕のストーリーが生まれました。

日本の七夕のルーツともいえる中国のお話「乞巧奠」(きこうでん)とは?

きっこうでんともいって、中国における七夕の行事の事です。

「乞巧」とは牽牛(けんぎゅう)・織女(しょくじょ)の2星に裁縫技芸の上達を祈り、「奠」とはものを供えて祭るという意味です。

もともと中国で7月7日に「織女星」にあやかってはた織や裁縫が上達するようにと、お祈りする風習があったといわれています。

庭先の祭壇に針などを供えて星に祈りを捧げます。

やがて機織りだけでなく、「芸事」や「書道」などの上達を願うようになりました。

今のように短冊に願い事を書くルーツは江戸時代にあった!

江戸時代には手習い事をする人や、寺子屋で学ぶ子が増えたことから星に上達を願うようになったといわれます。

本来はサトイモの葉に溜まった夜露を集めて墨をすり、その墨で文字を綴って手習い事の上達を願っていたといわれています。

サトイモの葉は神から授かった天の水を受ける傘の役目をしていたと考えられていました。

その水で墨をすると文字も上達するといわれていました。

もともと短冊には和歌を書いていたのを、願い事がかない字が上達するようにという願いを書くようになりました。

そのため 短冊には「〇〇が欲しい」というような物質的な願い事ではなく、「手習い事の上達や夢を綴ったほうがよい」とされています。

どうして竹の笹の葉に飾りをつけるのでしょうか?

なんで七夕には笹の葉に飾りをつけるのか疑問に思ったことありますよね。

笹ができる竹は「まっすぐに天に向かって成長していく」植物なんです。

そして笹の葉は「天近くで風に揺られサラサラと音を出します」よね。

この音が天上からご先祖様の霊を呼ぶと言われています。

笹は「神聖な植物」だと昔から言われています。

願いが天のご先祖様に届くようにと笹が七夕で使われるようになりました。

笹に飾る七夕の飾りの意味はどのようなものでしょう?

あなたは笹飾りにはそれぞれの意味があるということを知っていましたか?

飾りにはそれぞれ意味があるので、子供に教えながら一緒に作ってみるのもいいでしょう。

1、短冊(五色の短冊)

七夕の歌に出てくる五色の短冊は、中国の「陰陽五行説」に由来しています。

五色にはそれぞれ意味があります。

  • 青(緑):徳を積む・人間力を高める
  • 赤:父母や祖先への感謝の気持ち
  • 黄:信頼、知人・友人を大切にする
  • 白:義務や決まりを守る
  • 黒(紫):学業の向上

今では紙の色が選べなかったり、自分の好きな願い事を書いたりしていますが、色の意味を知っていたらその願い事にふさわしい色の短冊を選ぶことができます。

2、紙衣

おりひめが得意な「裁縫の腕」にあやかりたいという意味で、特に女の子の裁縫や技芸の上達の願いをかけています。

七夕竹の一番先端に吊るし、子供が健康に育つようにという「形代の役目」もあると言われています。

3、巾着(きんちゃく)

きんちゃくは昔のお財布のことなので、節約や貯蓄、商売繁盛の願いをかけています。

4、投網(とあみ)、網飾り

漁で使う網を模した飾りです。大漁を願うという意味の飾りですね。

5、折り鶴

鶴は長寿の象徴として、家族の健康と長寿、家内安全の願いをかけています。

家族の中で最年長者の年齢の数だけ折り鶴を飾るといいと言われています。

6、屑籠(くずかご)

飾り作りで出た紙くずを入れるということで、倹約と清潔にする心、整理整頓の心を養うという長いが込められていると言われています。

7、吹き流し

おりひめの織糸を表した飾りです。

裁縫・機織りが上達するようにという願いがかけられています。

8、提灯(ちょうちん)

心を明るく照らしてくれるようにという意味です。

9、星飾り

星にみんなの願いが届くようにという意味です。

10、笹の葉

邪気から守ってくれるようにという意味です。

11、「おりひめ」と「ひこぼし」

2人のように永遠の愛が続くようにという意味です。

12、輪飾り

みんなの夢が繋がるようにという意味です。

13、菱飾り

天の川の星をイメージした飾りです。

昔は七夕送りで7日の夜に笹飾りを川や海に流して、願いを神様に持って行ってもらいました。

しかし今はそれができないので、7日の夜に家の中に引き上げて住んでいる地域に処分方法で片付けるのが現在流になるんですね。

あなたも子供と一緒に七夕かざりを作ってみてくださいね。

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

おすすめの関連記事

こどもの日に飾りたい「鯉のぼり」と「五月人形」

お食い初め〜生後100日目の赤ちゃんのお祝い〜

お宮参り〜生後30日目の赤ちゃんの儀式〜

*記事の感想、商品の感想などコメントいただけたら嬉しいです。

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。↓

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました