コロナで自粛対策?自宅で学習できる!オススメ小学生向けの学習教材を紹介

小学校教育・教材
スポンサーリンク

こんにちは。

いつもご愛読いただきありがとうございます。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

コロナウィルスの感染拡大防止のため、緊急事態宣言で外出自粛になり、テレワークやリモートワークという言葉も出てきました。

企業や事業所ではなるべく自宅で仕事ができるようにするということで話題になっています。

「子どもが学校に行かないと、遅れをとってしまうか心配だなぁ」

「塾も休みになるし、家でも勉強しないし早く学校へ行ってくれないかしら」

休校が長引くと、学習のスピードが落ちたり他の子と差がついたり心配する声が上がっていますよね。

もちろん、学校も休校のため海外ではオンライン授業や通信制の講義などが実施され、日本でも注目を集めています。

コロナウィルスが収束するまでは、オンラインや通信制の授業や講義が実施されることになると言われています。

今日は自宅でできる、小学生にオススメの学習教材を紹介していきたいと思います。

自宅で出来る!おすすめの学習教材 4選

「子供の学校も塾も休みなのに家でちゃんと勉強ができるか心配」

「学校が始まったら周りについてこれなくならないか」

うちの長男くんも外出せず家にいるばかりなので本当に大変です。

学校の課題だけでは物足りないので、幼稚園から続けている「チャレンジ」(進研ゼミ)に力を入れているところです。

「継続は力なり」で「こどもちゃれんじ」からお世話になっている進研ゼミ小学講座を紹介します。

コロナウィルスの影響で一部サービスを無償で提供しているみたいです。

 

1、通信教材の最大手「ベネッセ 進研ゼミ小学講座」

進研ゼミの強みは、学校の授業や、教科書によって講座の内容やテキストなどが変えられる柔軟性と網羅性にあると思います。

会員数が飛び抜けて多いので、こどものレベルに合った内容やペースで進められることも良い点ですね。

また、いつでも入会や休止、退会もできるお手頃感も長所といえるでしょう。

2020年の教育改革にも先立って、英語教育やプログラミング教育も取り入れ自宅で進めるには十分な内容の講座になっています。

詳しくはこちらから→

【進研ゼミ小学講座】

2、幼稚園から大学生・社会人になるまでの幅広い教育「Z会」の通信講座

 

こちらも通信教育の大手ですが、受験対策や一人ひとりに対する添削に対して定評があるとされています。

テキストがメインになっているので、子供に飽きさせない工夫が必要だと思われます。

利用者の満足度が高いので小・中・高と一貫して続けられたら塾へ行かなくてもZ会だけで受験まで学習する子供が多いらしいです。

詳しくはこちらから→

Z会 小学生向け講座

3、コスパの追求するなら「全家研 月刊ポピー」 

こちらは、幼児から中学生までの通信教材の「月刊ポピー」ですが、なんといってもシンプルな教材で、学習に取り組みやすい。会費もリーズナブルなところが魅力でしょうか。

小学校の教科書に沿ってのテキストやワークを繰り返し学習ができるのでテスト勉強向きな教材になっています。

教材にあまりお金をかけずに勉強するならこちらはオススメです。

シンプルに余計な付録などもないので純粋に成績を上げたいならこちらはなかなかいいと思います。

詳しくはこちらから→

2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント

 

4、塾が作ったタブレット対応の通信教材 「デキタス」

 

小学校1年生~中学校3年生まで、全科目に対応しており、 授業も聴けて、問題も解け、かつWEBでのサービスになるので、 インターネットとPC・タブレットがあれば時間と場所を選びません。

予備校・塾も並行して運営しているので実績では問題はないでしょう。

ただ、タブレットがメインになるので、アナログの勉強(テキストや紙での勉強)をする人には向かないかもしれませんね。

これから、タブレット授業やプログラミング教育の導入やオンラインでの授業が主流になりつつあるのでやってみる価値はありそうです。

詳しくはこちらから→

小中学生対象♪POPでキュートな学習教材♪デキタス誕生♪

あなたの子供に合った学習をすることをオススメします

4つの教材を見てみましたが、子どもの成長や好き嫌いなどがあるので、一概にこれがオススメということは言えません。

ただ、あなたの子どもにった教材を選んで見ることが最適だと思います。

これらの教材は、無料体験や資料請求などがあるので実際に子供とやってみて決めるのもいいと思います。

本日もお読みいただきありがとうございます。

参考になれば幸いです。

 

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加

ランキング参加中!

 
人気ブログランキング 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました