ゲームやパズルは脳に好影響!?正しいやり方を学ぶと子供の能力が上がります!

脳科学と子育て
スポンサーリンク

こんにちは。

いつもご愛読いただきありがとうございます。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

コロナウィルスの影響で外出自粛がかかり早2ヶ月が経とうとしています。

毎日子供は退屈していませんか?

家電量販店では、ゲーム機のコーナーと空気清浄機が売れているらしいです。

ゲーム機は任天堂スイッチなどの小型ゲームは小学生の間では流行っていますよね。

ゲームにはまっていると子供の将来はすごく心配する親も多いと思います。

「テレビゲームばかりしてると、目が悪くなるんじゃぁないか」

「目がチカチカして、脳に悪影響があるんじゃないか」

しかし、心配する必要もありません。

現在ではテレビゲームが脳に好影響をもたらすといわれる研究結果があるのです。

正しいやり方でゲームをするだけでいいのです。

ゲームをしている人は実は多い?日本人のほとんどの人はゲームをしている!

今日のゲームの普及率を考えたら、ゲームが脳にどんな影響を与えるかを考えることはとても重要になってきます。

小学生の子供でも最近はほとんどはウチでテレビゲームやスマホやタブレットでゲームで遊んでいるのです。

日本を含む先進国では、学校に通う子供たちの9割が日常的にテレビゲームで遊んでいるそうです。

そして、子供達だけではないのです。

会社勤めをしている約7割大人が、ゲームに興じているというらしいです。

そういえば、電車の中でもスマホで何かしらのゲームをしている人も多いですよね。

意外に思われるかもしれませんが、ゲーマーの方が様々な成績が良かったという結果もあるそうです。

あなたも、スマホでゲームをダウンロードして遊んだことありますよね?

ゲームが脳にもたらす良い効能とは?

日本ではあまりなじみはありませんが、海外ではプロのゲーマーは多いと言われています。

ゲームの大会などで上位に入り賞金をもらって暮らしている人もいるのです。

ジュネーブ大学のパヴェリエ博士は、若者たちをランダムに半々に分けてある実験をしました。

一方のグループにはアクションゲームをさせ、もう一方にはテトリスや成長ゲームなどの一般的なゲームを毎日一時間、50日間遊ばせるスケジュールを組みました。

するとアクションゲームをするグループでは、動体視力や視覚判断力が高まっていました。

しかもこの効果は実行後、1年間以上も持続したのです。

ただしアクションゲームは何にでも効果があるわけではありませんでした。

成績上昇が確認されているのは、複数のタスクを同時並行する能力、頭の中で立体図形を回転させる空間処理能力、数学などでした。

加えて、特筆すべき効能が2点あります!

1つ目は、学習の早さです。理解や習得のスピードが速く決断が迅速でした。

2つ目は、注意の制御力でした。

ゲームをしない人は、脳のあちこちが活動してしまうのに対し、ゲーマーは頭頂葉などの特定の部位がよく活動して周囲のノイズに惑わせれないと言われます。

実は、脳を鍛えるにはゲームやパズルが最適!

ドイツのルール大学ボームフで行われたゲームと問題解決能力の関係を調査した研究では、

週に20時間以上ゲームする人と、全くゲームをしない人の2グループを対象に学習能力をテストするパズルを解いてもらう実験を行いました。

結果として、ゲームをする人のグループの方が好成績でした。

そして、問題の解き方にも複数のタスクを同時並行する能力が際立っていました。

反対に、ゲームをしない人のグループには物事を多角的に捉えるのが苦手な傾向が強いことが判明しました。

ゲームには試練や困難を解決する要素が強いため、現実の世界でも無意識のうちに問題の解決が得意になっていると考えられています。

最近ではオンラインゲームが流行っています。

オンラインゲームでは複数のプレイヤーと協力たりコミュニケーションをとってプレイするので自然と社会性やコミュニケーション能力も身につきます。

ゲームが脳に与える影響をまとめてみました。

  • たくさんの認知能力がアップする
  • マルチタスクが得意になる
  • 社会性が身につく
  • 注意力・集中力がアップする
  • 視覚判断力や動体視力がアップする
  • 計画性が身につく

パズル・ロボット・プログラミング、全部できるのは、自考力キッズ

ゲームはいい影響もありますが、やりすぎ・依存症に注意しなければいけません

ゲームは子供の能力向上のためにはいい影響があるということを書いていきました。

しかし、何事もやりすぎは良くありません。

特に、ずっとゲームをやりっぱなしや生活習慣が乱れるくらいになってしまうと要注意です!

特に、依存症になるまでやってしまうと、引きこもりや不登校につながる恐れもあり、親子の会話もなくなってしまうと危険になりますよね。

そこで、ゲームは1日1時間・何時までには終わらせるなどのルールを設けてすることが大事になってきます。

本日もお読みいただきありがとうございます。

参考になれば幸いです。

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加

ランキング参加中!

 
人気ブログランキング 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました