そろばん教室の効果とは?子供のうちに身につけておきたい6つの能力とは?

小学校教育・教材
スポンサーリンク

こんにちは。

いつもご愛読いただきありがとうございます。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

あなたは数学が得意ですか?

おそらくほとんどのママさんが数学は得意ではありません。

それは、男と女の脳の仕組みが違うからなんです。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

コンピュータが発達した今のこの世界では、数学ができることは色々な意味でアドバンテージになってきます。

今日は、昔からある「そろばん」ですが実は脳科学的にも効果があるので、子供の習い事では是非オススメしたいと思います。

そろばんをすることは左右の脳がバランス良く使われますので子供の能力向上のためにはするれた効果を発揮します。

そろばん・暗算で得られる「6つの能力」とは?

そろばん教室に通っていると身につく能力は沢山あります。

ここでは主に得られる6つの能力について見ていきましょう。

1、注意深く観察する力が身につく

そろばんをしているとミスをすることが許されなくなってきます。

少しでもミスをしてしまうと、答えが合わなくなってしまいますよね。

ミスが許されないトレーニングを繰り返していると、集中力と同時に、数字を注意深く読みとる能力が高まってきます。

注意深く数字を見るトレーニングから、数字を観察する行動が生まれ、数の仕組みを次々と発見するようになれるようになります。

注意深く数字を読み取る能力が付くと、数字を駆使して様々な分析する力が生まれてきます。

現在の会社分析や経営などはすべて「数字で読む」ことから始まるので大きなアドバンテージにもなってきます。

2、イメージやひらめきの力が身につく

暗算の有段者が暗算をしているときは、必ずと言っていいほど右脳が働いています。

右脳は問題解決や、ひらめき脳とも言われ、問題解決の思考回路を最短距離で結ぶ「脳力」が開発されます。

「指先トレーニングが、シナプスの絡みを促し、ニューロンネットワークを構築する」と言われています。

新しいシステムを生み出す発想力は、どの分野でも求められる必須「脳力」です。

3、記憶する力が身につく

暗算には右脳を使用する珠算式暗算と言われるものになります。

そろばんでする計算を、脳のイメージとして捉えてすることで右脳をフル活用しています。

その暗算は右脳で処理した答えのパターン記憶を行います。

このトレーニングを行うと、直観として長く記憶にとどまります。

右脳を使用した記憶は長期記憶として残るので時間が経っても忘れることはありません。

東大・京大出身者の80%はそろばんの経験者だというので驚きの効果ですね。

4、集中力が身につく

そろばんの検定試験は制限時間に規定問題数を正解しなければなりません。

計算中は、かけ算九九を30回唱え、 11桁(100億)の答えの記入が許されます。

その間、一度のミスも許されません。

指先の動きも2000回以上の動きになります。

時間内に、規定の問題をクリアするためにも集中力を身につける最高のトレーニングになるはずですね。

5、情報を処理する力が身につく

現在はンピューターの発達で膨大な情報量が社会を行き交っています。

必要な情報を、いち早くキャッチし超速で処理する「脳力」は21世紀の必須能力のひとつです。

数字をミスなしに速く読みとり、右脳で秒速処理を行い、左脳で正確な数字情報に変換します。

数字処理能力と文字処理能力は将来の為にも子ども時代に身につけたい能力のひとつです。

6、速聴・速読の能力が身につく

そろばんに通っていると必ず読み上げ算という種目があります。

これは、読み手が読み上げる問題を即座に聞き取り、正しく処理するトレーニングをになります。

実は、「速く聴き取る力」をトレーニングしています。

また、数字をブロックごとに速く読み取り処理する学習法は、「速く読む力」をトレーニングしています。

そろばん教室はどんなところ?何を教えてくれるの?

私の子供の頃にもあったそろばん教室ですが、内容は今でも変わらないのかな?

現在では習い事の低年齢化で、そろばん教室も幼稚園からされているところも多いです。

私が通っていたそろばん塾は小学校高学年から習っていた子が多かったのですが、今では幼稚園から学習できるところもあるみたいなんですね。

稚園の年中さんや、年長さんたちは、そろばんの勉強に入る前に、小学校入学準備教室というコースがあるみたいです。

数を数える、比べる、順序、順番など、基礎的な勉強をじっくり教えていきます。

小学生の1、2年生になりますと、そろばんの基礎コースから、しっかり学びます。

100マス計算・掛け算九九もここで学習し、幼稚園年長さんや小学校一年生で九九をマスターする子供もいるそうです。

読み上げ算とは、数字を他の人に読み上げてもらってする計算です。

「願いましては」の合図で、子供たちが一斉に計算を始めます。

ある程度そろばんを覚えると階級も上がり、そろばんがなくても頭の中のイメージだけで計算ができる暗算を覚えるようになります。

日本珠算連盟の検定試験もあるので自分がどれくらいのレベルなのかも知るようになります。

詳しくは日本珠算連盟HPまで

本日もお読みいただきありがとうございます。

参考になれば幸いです。

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加

ランキング参加中!

 
人気ブログランキング 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました