幼児教育は何歳からがベスト?ベネッセの「こどもちゃれんじ」がオススメな理由とは?

ベビーの幼児教材
スポンサーリンク

こんにちは。

いつもご愛読いただきありがとうございます。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

コロナウィルスが猛威を振るっております。

ついに、東京もロックダウン(都市封鎖)になってしまうのでしょうか。

海外のニュース見てると、有名人が感染したりしてるので他人事ではなくなってきました。

しかし、コロナウィルスの感染を防ぐには、マスク着用もそうですが、手洗いやうがいが一番効果的な予防策になっているのです。

この機会に子どもにも手洗い、うがいの習慣を身につけてもらいたいですね。

幼稚園や学校でも一人でも感染するとすぐ休校になるみたいなので油断ができないですね。

今日は幼少期に身につけておきたい社会のルールや習慣を効率的に学習する教材を紹介していきたいと思います。

あなたは「しまじろう」というキャラクター知ってますか?

日本の子供の3人に1人は「こどもちゃれんじ」をしたことがあるそうです。

注目!0歳から2歳までのすきなキャラクターは何でしょう?

好きなキャラクターは何でしょう?(0歳から2歳を対象にしたアンケートです)

一位 アンパンマン

二位 きかんしゃトーマス

三位 しまじろう

と幼児期にはしまじろうが好きな子は多いですね。

こどもちゃれんじは1歳から始めました

もうすぐ新学期が始まります。

次男くんは四月から幼稚園年少さんになります。

次男くんは幼稚園に行くのが楽しみになっています。

長男くんが幼稚園に入った当初は、毎日イヤイヤ行ってたのですが、よく成長したものだとつくづく思います。

そんな長男くんも「しまじろう」と一緒に成長してきました。

つい先日、「懐かしいな〜」っていいながら、1歳の頃に遊んでた「いろっち」を引っ張りだして次男くんと遊びだしてました。

1歳から始めて、今は「ちゃれんじの2年生」を続けています。それではどんな教材なのかみていきますね。

 1歳から始める「こどもちゃれんじぷち」の紹介

「こどもちゃれんじにはどんな教材があるの?」

「こどもがすぐ飽きないか心配だわ〜」

という声が多いとおもいます。我が家も最初は心配していましたが、無料お試し期間があり、いつでも始めて、退会や休止もすぐできるということで「こどもちゃれんじ」を始めました。

こどもちゃれんじではどんな教材があるのか見ていきましょう

◎しまじろうパペット

手にはめて遊ぶしまじろうの人形です。

歯磨きやオムツ離れ、着替え、お友達とのやりとりを絵本やDVDを通して学習出来ます。

◎DVDは毎月届きます

長男くんはDVDにでてくる「うたのおねえさん」が大好きでした。歌がすごく上手いんです。

実は私もファンなんです!↓

きょうこおねえさんブログ

DVDを楽しく見ながら、「うた」「生活習慣」「お片付け」「手を洗う」「挨拶」「歯みがき」「お着替え」などを身に付けさせる工夫がされています。

◎バス(おしゃべり)のプップー

長男くんの時は(5年前)バスは四角、三角、丸の形をはめて遊ぶパズルみたいなものでした。

こちらは改善され「バスの型」に「豚さん」「象さん」など動物の型になってます。

載せた時、降ろす時に音声で答えてくれるので繰り返し遊べます。

◎仕掛けやシールが付いてる絵本(毎月届きます)

「挨拶」、「歯磨き」や「動物」「やりとり」といった内容が入った仕掛け絵本になっています。

◎いろっちのマトリョーシカ

大きさ、色の理解が深まるアイテム。

長男くんの時はあかっち、あおっち、きいろっちと馴染みやすい人形も長男くんは1歳の頃は夢中になって遊んでました。

こちらも毎年グレードアップ?で変わっていますね。

これも続編(くろ、みどり、しろ)もあるので毎月楽しみにしていました。

こどもちゃれんじで一人遊び出来るようになりました

長男くんはいつもママから離れたくない子でした。

ママもなかなか長男くんから手が離せなくなることが多く、家の用事が出来ないことがありました。

そんな時、しまじろうのDVDを見せたり、いろっちで遊ばせたりしてるうちに一人遊び出来るようになりました。

DVDと絵本としまじろうパペットと連動して遊んでいるうちに、歯磨き、挨拶、お着替えなどの習慣が身に付くのは嬉しいですね。

毎年教材は進化しています

5年前に入会しましたが、その時の教材に比べて進化していますね。

アンケートやモニター教材などのデータをもとに教材を開発しているみたいなので、こどもが喜んで遊ぶ工夫がところどころでされています。

四月中なら三大エデュトイが!

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。↓

友だち追加

ランキング参加中!

 
人気ブログランキング 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました