おむつ離れは何歳??幼稚園までに終わらせるトイレトレーニング実践法!

ベビーの子育て
スポンサーリンク

こんにちは。

いつもご愛読いただきありがとうございます。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

次男くんは、赤ちゃんの時からずっと便秘に悩まされています。

便秘なのでウンチのでるタイミングがわからず、おむつが取れないまま本日に至ります。

おむつに慣れてしまったため、トイレトレーニングをするタイミングを逃してしまいました。

1歳からトイレトレーニングを始めたにもかかわらずおむつを外せずにいるのは予想外でした。

4月から、幼稚園に通うのでちょっと焦っております。

幼稚園はおむつが取れてなくてもいい?

実は長男くんが通っていた幼稚園はクラスに1〜2人くらいはおむつが取れていない子はいました。

先生がトイレトレーニングに協力的な幼稚園ですね。「とても助かります」

それでも、ママさんたちからするとおむつが取れてないと浮いた存在になってしまいます。

そのため、ママは次男くんのトイレトレーニングを必死で行っております。

そして幼稚園によってはおむつ禁止の園があるみたいです。「ちょっと通うのが怖いなぁ」

幸い次男くんが通う幼稚園は禁止ではないのでおむつのまま通う事になりそうです。

今日は幼稚園までに終わらせたいトイレトレーニング法を書いていきます。

トイレトレーニングは早くても、子どものペースで行わないと上手くいきません。

もう3歳だから、もう直ぐ幼稚園だからあせって子どもにトイレトレーニングを早めても逆効果になることがあるので注意が必要です!

子どもには子どものペースがあって、無理やりおむつを取ったり、トイレに座らせても子どもが嫌がったりしていたらうまくいかない時があります。

次男くんも便秘気味だったので、ウンチの時はなかなかトイレに座ってくれませんでした。

結局おむつをはいたままでしかウンチをしてくれませんでした。

どうしても、おむつが取れない・・・

これは何が原因なのでしょう?

  1. 親が過度に期待しすぎること
  2. おむつの性能が良すぎて、おむつなしでは子どもが不安になる

この二つが大きな原因になっているみたいです。

子どものペースでトイレトレーニングを実行することが大事です!

おむつ離れは早い子で1歳くらいで離れる子がいます。

遅い子は5、6歳になってもまだおむつの子がいます。

遅いとママさんたちは焦りますよね。

でも、子どもには子どものペースがあるので焦らずに子どもの無理しないペースでトイレトレーニングを実施することをオススメします。

まず、子どもがトイレトレーニングができやすい環境をつくってあげることが大事です。

子どもがトイレトレーニングをするために必要な環境とは?

まず、おむつ→パンツに変えるまでに一つクッションを置く。

パンツに移行する前に、オシッコを漏らさないピジョンのとれっぴーを使うと効果的です。

オシッコは2回目くらいで、いっぱいになり気持ち悪くなります。

トイレにまたがるのに慣れてない子はオマルを用意してあげましょう。

ピジョン オムツとれっぴ〜パッド33枚 トイレトレーニングパッド/Pigeon/トレッピー/とれっぴー  02P03Dec16

【在庫限り】リッチェル Richell プチポッティ ピンク(P)

おむつの性能の良さでなかなか離れにくいのが現実です。

何年か前に、店頭からおむつのメリーズが消えた事件をご存知でしょうか。

これは、中国人旅行者が日本のお土産でメリーズを爆買いした為、店頭から消えてしまいました。

それ程日本の紙おむつは優秀なので、中国人が買い占めるほどなんですね。

だから、つけ心地がよくおむつ離れができない子がふえてしまいます。

おむつはお出かけする時や寝る時だけにして、普段はパンツで過ごさせるようにすると自然におむつが取れやすくなります。

おしっこやウンチがうまくできたら必ずホメよう!

子どもの自尊心を育むには1褒める、2褒める、3褒めることが大事になります。

特にできなかったら、「なんでそんなこともできないの?」

と思うかもしれませんが、口に出さずに「もう少し!頑張って!」と応援するようにしてみましょう。

本日もお読みいただきありがとうございます。

参考になれば幸いです。

LINEにて子育ての情報発信を始めました。

よろしければ友達登録お願いします。↓

友だち追加

ランキング参加中!

 
人気ブログランキング 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました