1歳から2歳に読み聞かせてあげたい、おすすめ絵本 4選

小さな子供はテレビの影響はあるの?

あなたは子供にどれくらいテレビを見せてますか?

テレビは生活に欠かせないものになってきていますが、子供にとってどれほど影響があるのでしょう?

テレビをつけっぱなしで長時間は悪影響

脳科学おばあちゃんで知られる久保田カヨ子さんはこう言っています。

「テレビが良くないのではなく、テレビを見せっぱなしにして、親が子供と会話しない事が良くない」

子供にとっては親とのコミュニケーションが大事なんです。

あなたの子は大丈夫ですか?

こんな様子が見られたら要注意です!

◎乳幼児期におとなしい

◎自分から話しかけようとしない

◎他の子を避けたがる

◎視線が合わない

◎微笑み反応が乏しい

◎両親の言葉掛けにも反応しない

テレビだけではないかも知れませんが、こういう時はテレビをつけっぱなしで子供を放置してませんか?

1歳から2歳の間は親から語りかけを!

大人になってからのコミュニケーション能力は大事ですよね。

社会に出てからも人とコミュニケーションを取らないと上手く行きません。

こういったコミュニケーション能力は子供の時に養っていったほうが良いといわれます。

絵本の読み聞かせは効果的です

1歳から2歳までの期間は一番脳の発達が著しい時期です。

しっかりと子供と触れ合える時間をとって絵本を読んであげていきたいですね。

絵本ナビで無料ためしよみ

子どもが見てくれる!言葉の力をつける!!絵本の読み方・選び方

言葉もたくさん覚える時期です。

1歳から2歳の間に親にたくさん語りかけられた子はそうでない子に比べ多くの言語を習得し、3歳の時点でI.Qに差が出るという事がアメリカの研究で分かっています。

語りかける内容は単語ではなく文章であること、文章であってもテレビやスピーカーではあまり効果はないみたいです。

他者との関わりが言語、認知、感情発達の入り口になるようです。

では1歳から2歳ではどんな絵本がいいのかみていきましょう。

①「いやだいやだ」

作、絵   せな けいこ       福音館書店

イヤイヤの時期は誰にでもありますね。そういう時に読んであげたい絵本。

長男くんはせな けいこさんの絵が気に入っててこのシリーズの絵本はウチにたくさんあります。

「いやだという子は、おいしいおやつも悪い子のお口にはいきません、お日様もいやだと言って、雲に隠れて雨ばかりになりますよ。」という話。

自我が芽生えるこの時期の子にぴったりな絵本です。

②「はらぺこあおむし」

作、絵 エリック カール   偕成社

この絵本も私が子供の頃にありました。懐かしいです。

小さな青虫が美しい蝶に成長するまでを描いた人気の仕掛け絵本です。

小さな子供にはボードブックがおすすめです。

③「だるまさんが」

作  かがくい ひろし     ブロンズ新社

だるまさんが、、、とくれば。あれ、そう簡単には、、、

ぷくーと膨らんだだるまさん、おかしな動きと表情がとても可愛らしいですね。

親子で楽しめる一冊ですね。

④「せんろはつづく」

文 竹下文子、絵  鈴木まもる    金の星社

電車が好きな長男くんは、毎日これを読んでいました。

線路をつないで列車を通す楽しさに気づかされる絵本です。

線路をつないでいき、目の前の障害を回避することで、鉄橋ができたり、踏切ができたり、子供たちが線路遊びに夢中になる気持ちが理解できますね。

他にもたくさん絵本はあります

1歳から2歳は言葉を覚え始める大切な時期です。

たくさん絵本を読んであげて、言葉をしっかり覚えられるようになるといいですね。




本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

合わせてこちらの記事も読んでみてください。↓

0歳から1歳に読み聞かせてあげたい、おすすめの絵本 4選

2歳から3歳に読み聞かせてあげたい、おすすめの絵本 4選

3歳から4歳に読み聞かせてあげたい、おすすめの絵本 4選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。