運動神経が良い子は10歳までの子育てで決まります

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

あなたの子供は運動神経がいいですか?

親が運動神経が悪いから子供も悪くなると思っていませんか?

運動神経は遺伝で決まると思っていませんか?

実はそれは嘘なんです。




運動神経がいい人は幼児期の運動の仕方で決まります。

有名なスポーツ選手ってどうやったらあんな風に育つのだろうか?

疑問に思ったことがありませんか?

よくスポーツ選手の親の子に生まれたらその遺伝子を受け継いで同じスポーツ選手になることってありますよね。

では一般人の私たちもスポーツ万能な子を育てられるのか?ちょっと我が子がプロアスリートになる事も夢ではないかも。

とても興味深い事なのでいろいろと調べました。

運動神経は遺伝するの?

親の遺伝子は子供の能力にどのような影響を与えるかということですが、両親から受け継ぐものは生まれつきの身体の特徴や身体の作り、身体の構成に関しては親から受け継ぐみたいです。

骨格や筋肉の割合、身長や足の長さはある程度遺伝しますが、運動神経は幼児期の環境や運動による習慣で変わるといいます。

運動神経を良くするためには?

子供の運動神経を良くするのは、その年齢に合わせた最適な運動を行うといいらしいです。

5歳から8歳の期間をプレゴールデンエイジ、9歳から12歳の期間をゴールデンエイジといい、その期間にはスポーツの技術を習得するのに1番最適な時期になります。

プレゴールデンエイジとは

5歳から8歳の期間で、運動における多種多様な基本的な運動動作を身に付けておくべき時期です。

特定のスポーツをするよりいろんな競技のいろんな動きをすると効果的です。

ゴールデンエイジとは

9歳から12歳の期間で、プレゴールデンエイジの時に基本的な動作を身につけておくと動きを見ただけですぐ理解できるなどその競技の技術を習得するのに一番最適な期間です。

その時期に効果的なトレーニングをしたらその技術は一生身につくらしいです。




神経系(脳、神経回路)の成長は12歳でほぼ完成します

上の図はアメリカの学者・スキャモンによって発表された「スキャモンの発育曲線」です。
スキャモンの発育曲線は、20歳時の発育を100%として、4つの系統の発達具合をグラフに表しています。

緑一般型:全身の外形、呼吸器、消化器、腎臓、心臓、脾臓、呼吸器、筋全体、骨、血液

青神経型:脳、脊髄、視覚器、頭径

黄生殖器型:睾丸・副睾丸、卵巣・子宮、前立腺

桃リンパ系型:胸腺、リンパ節、間質性リンパ組織

足裏を刺激するといいらしい

足裏は第二の心臓とも言われ、たくさんのツボがありそこを刺激すると脳が活性化して運動能力が向上する。

イチロー選手や松坂選手も子供の時は裸足で遊んだり、毎日足裏マッサージをやって足裏を刺激していました。トップアスリートと言われる人のほとんどは幼少期に足裏を刺激していたとも言われます。

人間の身体は、筋、腱、関節にある受容器から情報を受け取り、感覚神経から脊髄・脳を経由して運動神経に電気的な信号を伝えることで、筋肉を収縮させて動いています。そのため、感覚がはっきりわかれば情報を伝えるのが早くなり、運動神経までの伝導が早くなります

↓こちらは参考になります!

おすすめの関連記事

運動会でヒーローに!あなたの子も運動神経が良くなる方法とは?

ゴールデンエイジまでに鍛えたい!運動神経を良くする方法とは?

小学校までに泳げるようになれる!子供の水泳教室の効果とは?

PS

最近コーチングという言葉をよく耳にしませんか?

初めて聞くよ〜!っていう人もいるかもしれません。

「コーチング」とは人材開発の技法の一つです。

対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされます。

相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法です。

この「コーチング」を子育てに取り入れてみたら、「子供が急にやる気が出た」、「子供がすごく前向きになった」など目標を持って取り組む子が増えたらいいなと思って一冊の書籍を紹介します。

1996年4月。

中学の教師である原田隆史先生は、
教師生活最後となる大阪市内の公立中学に赴任しました。

原田先生の赴任した当時この学校は、数多くの問題を抱えていました。

暴力、タバコ、いじめ、理不尽な上下関係などが蔓延していました。

学校に隣接する公園にはホームレスの方々のテントが並び、
戦前から続く歓楽街も校区の中。

さらには大阪市でも有数の繁華街も近く、
カラオケボックスやゲームセンターにも多くの生徒が常時出入りしている状態でした。

平気で遅刻をする、忘れ物を繰り返す。

教師が目を離すと暴力事件が発生する。

そんな環境の中で子どもたちは本来持っているはずの
「自信」や「誇り」「夢」を
一切持つことができない状態だったのです。

しかし、原田先生はこのような状態の中で陸上部の顧問となり、
赴任からわずか3年で”ふつう”の生徒が日本一になる学校に変えてしまったのです。

それも13回もです。

なぜ原田先生は、素質や才能が特別に秀でているわけでもない、
“ふつう”の子どもたちを日本一に育てることが出来たのでしょうか?

答えは簡単。

それは達成は「技術」だからです。

「ガイアの夜明け」や
「カンブリア宮殿」にも出演。

多くのメディアが注目の原田先生の目標達成メソッド。

普通の中学生を7年間で13回も日本一に導いた
原田先生から達成の技術を学んでみませんか?

今なら無料で手に入ります。

http://directlink.jp/tracking/af/1491132/AK3nBlwl/

本日もお読みいただきありがとうございます。

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。