赤ちゃんの肌荒れ!原因はなんでしょう?対処法はどうする?

赤ちゃんの肌はとても敏感なのです

赤ちゃんの肌荒れに困っていませんか?

赤ちゃんの肌は見た目がきれいで、ふっくらしていますよね?

そんな肌を見ると「お手入れしなくてもいいんじゃないか?」って思います。

しかし、赤ちゃんの肌はとってもデリケートになっています。

どうして、赤ちゃんは肌荒れが起きやすいのか原因を見ていきましょう

赤ちゃんの肌は大人の肌と比べてどう違うんでしょうか?

肌の「角層」では、 「水分」と「天然保湿因子」と「細胞間脂質」が適正なバランスを維持して、様々な機能を正常に保っています。

赤ちゃんの肌は大人と比べて水分量・天然保湿因子・脂質量が著しく低く、乾燥しやすいというデータもあります。

また赤ちゃんは、「よだれ」や「汗」や「涙」が多く、それをふき取るときの摩擦で皮膚を刺激して、バリア機能を低下させてしいます。

プルプルでモチモチした肌を保つためには毎日スキンケアをしなければならないんですね。

赤ちゃんの肌に水分がなくなる⇒乾燥する⇒ひどい肌荒れになる

肌の乾燥により、肌に水分がなくなり肌荒れになりやすくなります。

肌は外部の刺激に弱くなり簡単に傷つきやすくなります。

肌荒れがひどくなるとオムツを履くだけでも傷ついたりします。

肌荒れを放置したらどうなるのでしょうか?

肌荒れを放置していくとひどくなり、「乾燥性乳児湿疹」といわれる湿疹ができます。

湿疹やあせもを放置してしまうと、弱くなった肌が傷ついたらそこから「菌」や「ウィルス」が体内に侵入して、病気を引き起こしたりします。

あなたの赤ちゃんは大丈夫?肌荒れの原因を徹底調査!

1、お母さんの母乳が原因で肌荒れが起きる!

日頃から赤ちゃんをベビーソープできれいにして、ベビーローションで保湿ケアをしているのに赤ちゃんが肌荒れを起こしてしまうことがあります。

そういう時はママの母乳が原因になっていることがあります。

昔は赤ちゃんの母乳がいっぱい出るようにママは「栄養があるものをいっぱい食べないといけない」と言われていました。

そこで、甘いもの、塩分の多いもの、脂分が多いものもいっぱい摂っていった結果、赤ちゃんの顔からニキビみたいな吹き出物がでてきたり、肌が赤くただれてきたりしました。

授乳中の飲酒・喫煙も、アルコール分やニコチンなどの毒素も赤ちゃんの体にダイレクトに入っていきます。

授乳中は避けたほうがいいママの食べ物

授乳期のママはは特に食事に気をつけたいですね。なるべく避けたい赤ちゃんの母乳にとって質の悪い食べ物を見ていきましょう。

  • 糖分、塩分・油脂を多く含むお菓子類
  • 添加物がいっぱい入っているインスタント食品
  • 油が多い揚げ物、カレー、高カロリーな食品
  • 脂身が多い牛肉などの肉類
  • 添加物・糖分の多い飲み物
  • アルコール、カフェイン
  • 牛乳やチーズなどの乳製品
  • 大豆や小麦

質の悪い母乳で育てると赤ちゃんは肌荒れを起こすだけでなく、「アトピー性皮膚炎」を発症してしまうこともあります。

授乳中はどんな食事をとればいいの?

赤ちゃんの母乳にとって一番良いママの食事は日本人になじみ深い「和食」にすると良いです。

和食は栄養のバランスが良く白身魚・野菜(特に根菜類)・白米を多くとると良いといわれています。

味噌や醤油などは塩分のを控えめにしたほうが良いでしょう。

↓授乳中には無添加、ノンカフェインの小豆でできたお茶です!母乳に嬉しい栄養素が凝縮した飲み物です。



2、ベビーソープやベビーローションが肌に合わない

市販のベビーソープやローションを使っていませんか?

市販のベビーソープやローションなんですが人によって、合う合わないがよくあるみたいです。

我が家の次男くんの話です。

次男くんの生まれたときに使っていた市販のベビーソープですが使い始めて3日ごろしたときに、次男くんのほっぺたからぶつぶつのニキビみたいな白い吹き出物がいっぱい出てきました。また沐浴後しばらくすると肌はカサカサになってしまい、市販のローションを使ってみましたがあまり効果はありませんでした。

特にママも敏感肌で、長男君も敏感肌の家系なもので、市販のベビーソープを使うのをやめて無添加で天然素材のベビーソープを使い始めました。

使い始めて2~3日したところ、顔の吹き出物は消えていき、乾燥してカサカサだった肌も、きれいにモチモチした肌になっていきました。

こちらの商品です↓


デリケートな赤ちゃんの肌の為に作った「Dolci Bolle」(ドルチ ボーレ)

紹介するベビーソープですが天然素材にこだわって作っています。

1、お肌に優しく潤いをもたらす水

九州佐賀県脊振山系の自然の水「天使の希水」を100%使用しています。

「天使の希水」とは、昔ながらの自然環境を残した雷山の高地で採水された水を使った非加熱天然水のこと。

2、お肌を健やかに整えるミネラル

お肌を健やかにするミネラル、「珪素」(けいそ)が豊富に含まれています。

珪素はお肌を健やかに整えるのに必要なミネラル成分です。水溶性珪素濃縮溶液の(UMO)を配合しています。

3、ヒアルロン酸やコメヌカスフィンゴ糖脂質を配合

お肌の皮膚組織内に存在するセラミドと類似成分であるコメヌカスフィンゴ糖脂質やヒアルロン酸、PCA-Naといった保湿成分配合により赤ちゃんのお肌に潤いを残しながら、全身を優しく洗い上げます。

赤ちゃんだけでなく大人の洗顔や全身洗いにも使えます!

我が家の家系はみんな肌が弱いので、天然成分が多く入ったベビーソープは大変重宝しています。

特にママは赤ちゃんと一緒にお風呂に入るのでその時に一緒に洗ったり、朝の洗顔でも使っています。

Dolci Bolleのベビーソープは使った後も保湿成分があるので乾燥しないのがいいですね。

↓こちらのメーカーのベビーローションもあります、ベビーソープと一緒にあるといいですね。



本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

こちらの記事も合わせて読んでみてください。↓

母乳育児と赤ちゃんの便秘対処法

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。