親子で楽しめる英語教材、ベネッセ World Wide Kids English④

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

職場でも英語は必須になる?

あなたの職場は「英語」は必須でしょうか?

仕事の内容にもよりますが、近い将来には「英語」、または「中国語」が必須になってくるのではないでしょうか。

または外国人の従業員も増えてきたのではないでしょうか。また彼らとは英語や中国語で会話しないといけないこともありませんか?

私の職場にも、「カンボジア」の従業員がいて、彼は日本語が話せなく、英語でしか会話ができないんですね。

最初のうちは挨拶くらいしか日本語を話せなかったのですが、半年もしたらカンボジアの子はある程度の「日本語」を話せるようになってきました。

そのカンボジアの子は奥さんが日本人で1歳の男の子がいるんです。

その子どもは家ではお母さんが「日本語」で話して、お父さんが「英語」で話をします。

その子はもう既に両方の言葉を理解しようとしています。

6歳くらいには「バイリンガル」になりますね。





6歳までに英語を聞かせるだけでもネイティブの発音がわかるようになります

大人になってから「英語の勉強」をすると相当な時間がかかってしまいます。

毎週高い学費を払って、英会話教室に通っても、普通に会話ができるレベルになるのに「何年も」かかったりしますよね。

また、英語を話さなくなったら1ヶ月もしたら忘れてしまいます。

子供は特に「0歳から6歳のうち」に英語を毎日聞かせるだけでも効果はあると言われています。

そして一度覚えたら生涯「ネイティブの英語の耳」を持っているので、日本語しか聞かなかった人と比べたら英語の覚える早さは段違いに早いです。

どうせするのならいい教材を買って、親子で楽しく英語のお勉強をしたいと思いませんか?

子供の英会話スクールは毎月の月謝で週1〜2回

ここ最近、「子供の英会話スクール」はすごく増えてきましたと思いませんか?

うちの近所にも何件かあり、有名なところから個人でやっているところまで様々あります。

英会話スクールは週1〜2回、月5000円くらい〜月謝がかかってきます。6年間通ったとして360000円英会話スクールに費やしてしまいます。

それよりは自宅でいつでも、親子で楽しく英語の勉強をしてみたいと思いませんか?

ベネッセWorld Wide Kids Englishは長く楽しく続けられます

長男くんが1歳の時にベネッセの「World Wide Kids English」(以下WWKE)を始めたのですが、5年近く経ってもまだ楽しくて続けています。

また、弟の次男くんが生まれてからも引き続き同じ内容で始められ、教材がしっかりしているので、兄弟のいる方には特にオススメです。

この時期には英語を「話せる」、「覚える」ということを意識して取り組むことよりも、「英語は楽しい」「英語を話したい」と思うモチベーションを育むことを目標にしておいた方が良いでしょう。

そのWWKEの価格は「0歳から始めて6歳の内容で税込226800円」です。1ヶ月に換算して3500円程度です。

それほど高くない値段だと思います。

「英会話スクール」で6年間通って 約360000円

「ディズニーの英語システム」は正確な値段はわかりませんが「500000円以上」はかかるといいます。

ディズニーの英語システムの詳細が気になる方はこちらから資料請求してください。↓

「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!

それに比較したら高くはありませんよね。

また教材は破損でもしない限り残るので、下の子が出来てもそのまま使えますよね。

英語教育は小学生では必須になる?

2018年度から英語教育は大きく変わろうとしています。

文部科学省が英語教育の小学校義務化を発表しています!

具体的には現在小学校5・6年生で実施されている外国語活動は小学校3・4年生に前倒しで行われるようになります。

教科書を使い、成績がつくようになる英語の授業が5・6年生から始まったり、中学校からは英語の授業はすべて英語で行うことが基本になったりという計画が発表されています。

狙いは「グローバルで活躍する人材を育てる」ためで、日本の国家が先導して国際社会で活躍する人材を早期に育成することです。

WWKEを学習するとどれくらいの英語力がつくのでしょう?

以下、ベネッセの公式ホームページより抜粋した内容です

0歳から6歳の教材をすべて学習すると、ネイティブの小学校就学前のお子さまとのコミュニケーションが成り立つくらいの語学力や表現力が身につくようにカリキュラムは設計されているそうです。

中身は具体的に約6000語の語彙と、600語の習得を目指しているということです。

それはどういったことかというと、英語の授業にスムーズに入っていけるレベルになると言われています。

学校の授業では読み書きよりも、コミュニケーションを重視した授業内容になるとも言われています。

この教材で自分の意思を伝えられたり、相手の指示を聞けたりする幼児期のコミュニケーション上必要なことばが身についていきます。
日本語の学習と同様、今後さらに派生して関連語いを増やし、「まず最初に覚えるべき言葉」が選ばれているため、小学生になり本格的に英語を学習していく際の基礎力が築けるといいます。

私たちが子供の時の英語の授業とは全く変わってしまったと思いませんか?

だから、早いうちに子供にとっていい教材の英語を触れさせてあげていってほしいと思いませんか?

まずは、無料でお試し教材もありますので参考にしてみてはどうでしょうか?

詳しい資料請求はこちらからどうぞ

↓  ↓  ↓  ↓

ワールドワイドキッズ

 

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

 

おすすめの関連記事

親子で楽しめる英語教材、ベネッセ World Wide Kids English③

子供をバイリンガルに!七田式+7BILINGUALの魅力を紹介します

子供をバイリンガルに育てる!6歳までの「英語教育」のすすめ

*記事の感想、商品の感想などコメントいただけたら嬉しいです。

 

PS.

「親が英語を話せないのに、子供に英会話を習わせても大丈夫なの?」

「子供が英語を話せるようになっても親が話せないとかっこ悪いな!」

と考えているお父さん、お母さんに読んで欲しいものがあるんですが。

英会話の学習法について。

以下のうち、
どの練習をやると
一番上達するのでしょうか?

1.英単語を覚える
2.文法をマスターする
3.とにかく聞き流し

答えは、





全部違います(汗

実は、、、

多くの日本人にとって、
どれだけ英語を勉強しても話せるようにならない
ある理由があるのです

日本人だけが抱える
英会話の深刻な問題とは何か?

続きはこちら

http://directlink.jp/tracking/af/1491132/t5feIvEq/

 

LINEにて子育ての情報発信を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録していただけると嬉しいです。

友だち追加






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。