腰痛持ちのママ必見!エルゴ?napnap?腰ベルト付抱っこ紐を徹底調査!

こんにちは。

いつもご愛読いただきありがとうございます。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

今年も猛暑でしたね。子供と出かける時は暑さ対策をしてから出かけてくださいね。

先日体重が10キロを超えた次男君を抱っこした時の事です。

少し無理な姿勢で抱っこしてしまったせいで、恥ずかしながら腰をやってしまいました。

腰痛は一度なってしまうとなかなか治りにくいですよね?

軽い症状ならすぐに治りますが、産後のママさんは特に骨盤が動いているので腰痛が慢性化してしまいます。

慢性化したまま子育てを続けていると子供はだんだんと重くなるので腰痛が悪化する可能性がありますよね。

そういう時は、整骨院(整体)に通って骨盤矯正をすると良いでしょう。

整骨院(整体)の検索はこちら

おすすめの関連記事

産後の骨盤矯正は3カ月までにやっておくべきです

今日はそんな腰痛持ちのママにとってありがたい味方、腰ベルト付抱っこ紐について書いていきますね。



抱っこ紐?それともベビーカー?子供の成長に合わせたものを選ぼう!

あなたは抱っこ紐派ですか?

それともベビーカー派ですか?

まだ子供が産まれたての頃は気にしなかったが、子供の好き嫌いや生活環境によって抱っこ紐かベビーカーかを使い分けている人も多いと思います。

ちなみにウチは外出する時は手軽になるので抱っこ紐で出かける事が多いです。

ただ荷物も持たないといけないので、抱っこ紐で出かける時は荷物はリュックみたいに背負うタイプか、軽い肩からかけられるカバンじゃないとちょっときついですね。

うちのママは両手がふさがってしまって何回も大変な目に遭っていました・・・

腰ベルト付きの抱っこ紐についてはこちらの記事も読んでみてください。↓

産後の腰痛が軽減!おすすめの腰ベルト付きの抱っこ紐を比較

ベビーカーは荷物を入れられるので楽ですが、階段が多いところ、混んでいる電車や繁華街に行くときは大変不便です。

そして子供がベビーカーを嫌がり、抱っこになってしまうともう大変ですよね。

さらに真夏の炎天下で子供をベビーカーに乗せてしまうと熱中症になる危険性があるので注意が必要ですね。

ベビーカーについてはこちらの記事も読んでみてください。↓

手軽にお出かけができる!赤ちゃんも快適!おすすめB型ベビーカーとは?

赤ちゃんも快適!おすすめの最新A型のベビーカーとは?

ベビーカーも抱っこ紐でもその時々で使い分けてしまえば便利なんですが、ここでは特に腰痛持ちのママにとって抱っこ紐選びは慎重になりたいものですね。



抱っこ紐を買うなら「エルゴ」がおすすめ!は本当?

ウチでは長男くんが0歳の頃から抱っこ紐はずっとエルゴを愛用していました。

今は1歳半になる次男くんが愛用しております。

エルゴを買う前に抱っこ紐を何個か買いました。

最初に買った抱っこ紐は腰ベルトがないタイプの抱っこ紐でした。

しかし抱っこ紐を使っているうちにママの腰痛や肩こりがひどくなりすぎてしまいました。

何で腰痛や肩こりがひどくなるのか調べているみました。

腰ベルトがないタイプの抱っこ紐は赤ちゃんの体重を全てママの肩や腰で支えているんですね。

そのため腰や肩に負担がかかりすぎて痛めてしまうんですね。調べているうちに腰ベルト付きの抱っこ紐が腰や肩に負担がかからないことを知り、いろいろ商品を調べているうちにエルゴに出会いました。

エルゴは他の抱っこ紐と違い割高だったんです。でもしっかりしているので赤ちゃんが重くなっても使えること、ママ友の推薦もありおもいきってエルゴを購入しました。

買ったのは6年ほど前の話なので、夏場は汗がすごくすぐにびしょびしょに濡れていました。

最新のエルゴはメッシュ素材を使っているので汗でびしょ濡れになることは少ないみたいです。

【日本正規販売店】【2年保証】Ergobaby ADAPT エルゴ アダプト クールエア メッシュ ブラック/グレー/ディープブルー/ローデン/オックスフォードブルー ウエストベルト付き・SG認定 

エルゴは割高感があるかもしれないが、素材がしっかりしていること、赤ちゃんが20kgになるまで使えることがおすすめな理由ですね。子供が20kgになる位には抱っこより歩かせたほうがいいかもしれませんね・・・正直ママの体が持ちませんね(笑)

エルゴは素材がしっかりしているので2人目、3人目でも使えることも魅力でしょうかね。

圧倒的なコスパと日本人の赤ちゃん向けはやっぱりnapnapがおすすめ!

エルゴを使っていても、やっぱりうちの子にフィットしないという声もあります。

実はエルゴは外国製のため日本人の赤ちゃん向けには作られていないんですよね。

うちは体大きいから・・・っていう人にはあまりお勧めじゃあないかもしれません。

エルゴはサイズが合わない、値段が高いからどうしようかという人にはnapnapの抱っこ紐をお勧めします。

価格はエルゴで27000円、napnapは実はその半額以下の12830円で購入できるんです。



実はこの商品、開発者の奥さんが腰痛持ちで赤ちゃんを抱っこするときに腰に負担がかからないようにするにはどうするかを考えて知り合いの整体師と一緒に開発されたみたいです。

富士山を登山するときの重いリュックの腰ベルトからヒントを得napnapを開発したので性能は間違いなくいいものでしょう。

エルゴより軽くて、メッシュ素材のため汗でべとつくこともなく価格もお手ごろなコスパが魅力な抱っこ紐ですね。

耐久性はエルゴよりも低くてもエルゴの半額以下のため2人目でも新規で購入できるところも魅力なんでしょう。

肩こり・腰痛になりにくい!【napnap 抱っこひも】

抱っこ紐についてのまとめ

ママが腰痛になるとなかなか治らない、子供を抱っこすると悪化する、といった悪循環が続くと子育てもしんどいですよね。

ママが腰が痛いのに子供は「抱っこ・抱っこ」って叫んだりしてると辛いですよね。

そんなママのためにお勧めの抱っこ紐を紹介してみましたが、実際に使ってみると子供はママに密着しているので安心を覚え、ママの体にも負担がかからず一石二鳥なものなんですよね。

さらに都会の街中を歩いているとベビーカーで行き来できるところは限られてくるので、抱っこ紐はママにとって必需品になっています。

値段が高くても長く使えるエルゴ、コスパ重視のnapnap。どちらでも赤ちゃんが快適だったらそれでいいんではないでしょうか。

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

おすすめの関連記事

パパも必見!子供の自転車の練習のコツとは?

5歳のうちに補助輪なしで自転車に乗れる方法とは?

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加

応援よろしくお願いします!↓

 
人気ブログランキング 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村



 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください