産後の腰痛が軽減!おすすめの腰ベルト付き抱っこ紐を比較

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

抱っこ紐を長時間していると肩や腰に負担がかかりますよね。

赤ちゃんが重くなるとその負担がますます大きくなります。

今日は産後の腰痛に悩むママさんのためにおすすめの抱っこ紐を紹介していきたいと思います。






産後のママさんを悩ます腰痛は実は骨盤の歪みからきています

あなたは産後の腰痛に悩まされたりしましたか?

今現在悩んでいますか?

産後の腰痛の原因は出産による「骨盤の歪み」が殆どです。その歪みを放っておくと大変なことになるのをご存知ですか?

骨盤の歪みを放置しておくと産後太りの原因になると言われています。血流が悪くなり、代謝も悪くなり、ホルモンバランスも崩れてしまいます。

そうならないために早めの「骨盤矯正」をすることをお勧めします。

うちのママも整体院に通うこと2ヶ月、おかげさまで骨盤も戻りつつあり、腰痛も和らいできました。

産後の腰痛対策に整骨院・整体院などに通うといいでしょう。

詳しくはこちらから↓

治療院検索はこちら

産後の無理のないダイエットはこちらをどうぞ↓



腰痛が悪化するのは抱っこ紐が原因になることもあります

あなたは抱っこ紐は何を使っていますか?

「腰ベルトのない」タイプの抱っこ紐を使っている人は要注意です!

赤ちゃんが軽いうちはいいのですが、生後6ヶ月もすると、体重も7〜8kgを超えてだんだんと腰や肩に負担がかかってきます。

うちでも長男くんが生まれた時(6年前)に最初に買った抱っこ紐は腰ベルトのないものでした。

でも4ヶ月を過ぎたあたりから体重が増え始め10kgくらいになると相当肩や腰に負担がかかり始めました。

そして、赤ちゃんを包み込むようなスリングタイプの抱っこ紐「ババスリング」も試しました。↓



最初はおしゃれで持ちやすかったんですが、赤ちゃんが大きくなるにつれてやはり肩と腰に負担がかかり始めました。

そして、最終的に「腰ベルト付きの抱っこ紐エルゴベビー」を購入しました。

エルゴベビーを使いだしてからは腰や肩に負担がかからなくなりました。

エルゴベビー以外にも腰ベルト付抱っこ紐を扱っているメーカーもありますので人気の抱っこ紐各社の新商品の比較をしていきたいと思います。

1、抱っこ紐のシェアNo1!「エルゴベビー」ADAPTクールエア

最初に紹介するのはエルゴベビーのBaby Carriersの新商品ADAPTです。

エルゴはモデルのミランダ・カーさんや木下優樹菜さんがきたりしていますね。

セレブがつけているイメージがありますが、抱っこ紐のシェア50%はエルゴが占めていると言われています。

2018年の新商品は従来の商品よりかなり改善されています。

  • 新生児から着用できるエルゴミックシートが付いています。今までは新生児には首を支えるインファントインサート(別売り)をつけなくてはいけなかったんですね。新生児から4歳児(20kg)まで成長に合わせて調節が可能になりました。
  • 涼しく、軽く、乾きやすい、メッシュ生になっています。
  • 腰サポート付きウエストベルトが腰全面に荷重を分散させ、長めの使用でも疲れにくく快適です。
  • 首が座るまで3ステップでしっかり支えるヘッド&ネックサポートが付いています。
  • 日よけ風よけ用フードを内蔵しています。

ただ、エルゴは外国製で外国人の赤ちゃんの体型に合わせて作られたものが多く日本人の小柄な体型に会いにくいという欠点があります。

この新商品で改善されているかはわかりません。

値段は税込みで27000円です。詳しくはこちらをどうぞ!

↓  ↓  ↓  ↓

エルゴの偽物が楽天で出回っていると言われていましたが↑の店舗は正規品を取り扱っています。

2、新生児から使える!アップリカ コランハグ AB リュクス

次はアップリカの新商品コランハグABリュクスです。

生後すぐにはヨコ抱っこ、首がすわったらタテ抱っこで長く使えるタイプです。

生後すぐの赤ちゃんには自然な姿勢のヨコ抱っこで、頭と首を圧迫せず赤ちゃんの呼吸と姿勢を守ります。

日本人の体型にフィットして疲れにくい「クロスフィット構造」が赤ちゃんのお尻と背中を支えるので安定したおすわり姿勢を保持します。

リュクスは通気性の良いメッシュ素材と、シート内側には吸水・速乾に優れた機能素材を使っています。

値段は税込みで23760円です。詳しくはこちらをどうぞ!

↓  ↓  ↓  ↓

3、通気性抜群!おんぶへの切り替えも簡単!ベビービョルン 「ベビーキャリアONE+Air」

次は簡単安全なスライドおんぶ機能。抱っこしたまま背中へくるり、おんぶを安全簡単にできるベビービョルンの抱っこ紐です。

人間工学に基づいた「4通の抱っこスタイル」がウリです。

首すわり前の高い位置での対面抱っこ、首すわり後の対面抱っこ、前向き抱っこ、おんぶと4通抱っこスタイルが容易にできます。

生後4ヶ月の首すわりまでの安全なヘッドサポートが付いています。メッシュ加工なので通気性・速乾性も優れています。

値段は税込みで21600円です。詳しくはこちらからどうぞ!

↓  ↓  ↓  ↓

4、圧倒的なコスパが魅力!日本製なので安心!napnapの抱っこ紐

最後に他メーカーの抱っこ紐と比べて圧倒的に「コストパフォーマンス」が高い、napnapの抱っこ紐です。

日本人の小柄な赤ちゃんでもすっぽりと入る安心の設計になっています。

  • 肩・腰への負担
  • 赤ちゃんの快適さ
  • 持ち運びの便利さ
  • 安全性
  • 装着の簡単さ
  • デザイン性

この6個のキーワードをクリアしてママが納得して使ってくれる抱っこ紐を開発しています。

nap napの抱っこ紐についてはこちらの記事にも詳しく書いています↓

産後の骨盤矯正のその後〜おすすめ抱っこ紐napnap〜

値段は12000円ほどで、新生児から使えるセットが揃います。

詳しくはこちらからどうぞ!

↓  ↓  ↓  ↓


最後に抱っこ紐についてのまとめです!

長男くんのエルゴの抱っこ紐を買ったのが5年前でした。当時のものは生地が厚くて、夏場はむれたり汗でびしょ濡れになったりしていました。

今の抱っこ紐は軽くて通気性の良いメッシュ素材を採用しているものが多くなっています。

日本の都市部ではベビーカーを押して歩くと狭かったり、邪魔になったりすることが多いですね。

また赤ちゃんもママと密着できるから抱っこ紐でお出かけに行くママさんも多いと思います。

ぜひこちらの腰ベルト付きの抱っこ紐で赤ちゃんと快適な生活を送ってくださいね!

そうそう!

あなたの子供が大きくなったり、下の子が出来ていらなくなった抱っこ紐やベビーカーなど買い取ってくれるサービスがあるんです。

詳しくはこちらをどうぞ!

↓  ↓  ↓  ↓

場所とるキッズ用品を一気に解決!リライフクラブの「キッズ用品買取サービス」

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

おすすめの関連記事

妊娠中・産後のつらい腰痛の原因とは?解消法とは?

産後の骨盤矯正は3ヶ月までにやっておくべきです

*記事の感想、商品の感想などコメントいただけたら嬉しいです

LINEにて子育ての情報発信を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録していただけると嬉しいです。

友だち追加

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。