想像力と数学的センスを養う!知育玩具マグフォーマーとは?

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

あなたは子供に買ってあげる「知育玩具」は何がいいと思いますか?

なかなか難しいですよね。

私が小さい頃は、友達が「LEGO」を持っていていろいろな「LEGO」のシリーズを持っていたのが羨ましくて、でも買ってもらえなかった思い出があります。

出来れば自分の子供には欲しいものは買ってあげたいと思いますよね。

それにすぐに飽きたりされないようなものを買ってあげたいですよね。

どうせ買うなら将来にわたって役に立つ知育玩具を買ってあげたいと思いました。

そして我が家ではマグネットで自在に創作出来る「マグフォーマー」を買いました。

もともとは、長男くんを連れて「ボーネルンド」に遊びに行った時に遊んで気に入ったのもありました。

ボーネルンドについてはこちら!

それでは、その話題の知育玩具「マグフォーマー」の魅力を見ていきましょう。

 



 

マグフォーマーの魅力とは?

マグフォーマーはアメリカ生まれ日本を含むアジア、ヨーロッパに広がっている知育玩具です。

各国に届ける為に世界でも厳しいとされるヨーロッパの安全基準(CE)やアメリカの安全基準基準(ASTM)をクリアしています。

子供達の学びをサポートするブロックとして、世界の教育現場でも高く評価されてるんです。

その人気の理由は3つあるのですが一つずつみていきましょう!

マグフォーマーは↓のショップからも購入できますよ!

1、磁石ならではのスピーディーな組み立て

マグフォーマーは瞬時につながり、壊せます!

ピースをはめる動作がないのでひらめきのスピードに合わせて直感的に繋げられます。

マグフォーマーは2次元(平面)と3次元(立体)の行き来が自在にできます!

2次元(平面)で作った展開図を重心を持ち上げることで瞬時に3次元(立体)に変形できます。

マグフォーマーは全方向でつながります

ピースに表と裏・上と下の決まりがないので角度をつけたりひっくり返して繋げたりも自由自在にできます!

2、年齢に合わせて遊び方が進化します

3歳〜4歳   カチカチ繋げて楽しみます。

細かい手の操作がまだ難しい頃でも磁石に導かれて偶然つながる感触が楽しめます。

壊すのも遊びの一つとして覚えます。

お気に入りのピースを選んだり並べたりして遊びます。

4歳〜6歳   簡単な造形遊びを楽しみます。

形の違いがわかり「これを作ってみよう」と楽しむことができます。

見本を見ながら立体構造にも挑戦できるようになります。

6歳〜大人まで  形の特性を理解して立体構造に挑戦できます

自分のイメージに合わせてアイデアを形にできるようになります。

2次元(平面)から3次元(立体)へトランスフォーム(変形)にも挑戦できるように!スピーディーにできるようになるとさらに楽しくなります。



3、読むより、書くより、まず遊ぶ!

三角・四角・五角形など様々な幾何学形を駆使することで想像力が身につきます!

一般的なブロック遊びで育まれる想像力や創造性に加え、「数学的センス」や「空間把握力」までも身につきます!

また「科学的思考」や「未来に向けて育みたい8つの力」を遊びながら刺激するんですね。

 

マグフォーマーは「初心者」から「上級者」まで楽しめます!

 

こちらは初心者むけの「ベーシックセット62ピース入り」ですね!↓

こちらは「クリエイティブセット90ピース入り」です!↓

「LEDで光るライトセット」も綺麗で面白いですね!↓


大人も夢中になるくらいの楽しさです!

あなたの子供が興味を持ったりしたら是非買ってみてください!

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

おすすめの関連記事

発明家エジソンのような想像力がつく?噂の知育玩具「紙の家Nullie」とは?

天才児が育つ?子供のピアノ教室の効果とは?

「砂場遊び」の効果は子供の想像力、創造力を育みます

 

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。↓

友だち追加





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。