幼稚園と保育園の違いとは?賢い幼稚園選びのポイント

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

あなたは子供の頃には「幼稚園」に通っていました?

それとも「保育園」でした?

どちらも同じ幼児を預かる施設なんですが、それぞれにおいて違いがあること知っていましたか?

今日は「幼稚園」と「保育園」の違いについてと、失敗しない幼稚園選びについて書いていきたいと思います。





幼稚園と保育園はどう違うの?

あなたの子供は「幼稚園」に通っていますか?それとも「保育園」に通っていますか?

これから入る予定ですか?

これから入る予定でしたらこの記事を参考にしていただけると嬉しいです。

何気に「幼稚園」、「保育園」と言っても所管も違えば料金や入園できる年齢も違ってきます。

また、近年では「幼稚園」「保育園」の両方の特徴を併せ持つ「認定こども園」というのも増えています。

まず違いを把握して、ライフスタイルや子供のことを考えて「幼稚園」や「保育園」を選びたいですね。

それでは、「幼稚園」と「保育園」の違いと、どのように選んだらいいかポイントを見てみましょう。

幼稚園とはどんなところ?

「幼稚園」は所管が「文部科学省」になります。

入れる年齢は3年保育の場合は3歳になった春(4月)からです。

保育の時間 は一般的には9時から14時までですが、延長などで17時くらいまで預かるところもあります。

先生の必要免許  「 幼稚園教諭免許状」

幼稚園は文部科学省の管轄なので基本的には小学校入学前までの「教育施設」という考え方です。

小学校に上がるまでの教育機関と考えてもらうとわかりやすいですね。

料金は、公立は市町村によって料金は変わりますが私立に比べるとかなり安いです。

私立の料金は園によって変わります。詳しくは各幼稚園の募集要項を見た方が良いでしょう。

保育園とはどんなところ?

保育園は所管が「厚生労働省」になります。

入れる年齢は0歳時から小学校入学前までになりますが、 「両親が働いているなどの条件」があります。

保育の時間 は 朝7時から夕方6時まで預かるところもあります。

保育園は両親の働いている時間に子供を預けるため「児童福祉施設」という考え方です。

先生の必要免許  「 保育士資格証明書」

料金は認可保育園の場合は、課税状況によって市町村が決定します。

市町村によって料金の幅が大きかったり、地域によっては待機児童の問題でなかなか保育園に入れなかったりしますよね。

認可外保育園の場合は園が料金を決めます。

認定こども園とはどんなところでしょう?

「認定こども園」とは何かわかりますか?

最近ではよく聞くようになりましたね。

我が家の長男くんの通っている幼稚園も幼保連携型の「認定こども園」 です。

幼稚園と同じ施設内に保育園を設置しています。

内閣府のホームページによると

幼稚園と保育園の両方の良さを合わせた施設のことを「認定こども園」といいます。

認定基準を満たす施設は都道府県から認定を受けることができます。

認定こども園には「幼保連携型」、「幼稚園型」、「保育所型」などがあります。

  • 幼保連携型・・幼稚園的機能と保育所的機能の両方の機能をあわせ持つ単一の施設として、認定こども園としての機能を果たすタイプ
  • 幼稚園型・・・認可幼稚園が、保育が必要な子どものための保育時間を確保するなど、保育所的な機能を備えて認定こども園としての機能を果たすタイプ
  • 保育所型・・・認可保育所が、保育が必要な子ども以外の子どもも受け入れるなど、幼稚園的な機能を備えることで認定こども園としての機能を果たすタイプ

 

幼稚園や保育園選びは何を重視したらいいの?

あなたは子供のころは「幼稚園」に行っていましたか?

それとも「保育園」でした?

私は3人男兄弟の末っ子で兄2人は「幼稚園」に行ってたのに、私だけ「保育園」に預けられていました。

兄の行っていた「幼稚園」にすごく行きたかったのを思い出したりします。

幼稚園のほうが制服がかっこよかったり、通園バスがあったり、人数が多くて友達がいっぱいいたりしてますよね。

当時の私は幼稚園に通っていた子がうらやましく思ってました。

そんな幼稚園に対するあこがれの思い出もあり、ママも子供のころは幼稚園に通っていたということもあり、自分の子供は「幼稚園」に通わせようと思っていました。






幼稚園や保育園選びのポイントは?何を重視しますか?

最近ニュースで話題になっている「〇〇学園の某幼稚園の教育方針」を見ていると、本当に子供の為になっているのか疑問に思うことがありました。

なので、ただ近いから、他より料金が安いからという理由で幼稚園を決めてしまっては危険だと思います。

やはり「幼稚園の教育方針、先生の質、園の雰囲気、給食の有無」などが重要になってくると思います。

まず、募集要項などを見て比較して、実際に幼稚園に子供を連れて見学に行くなどしてからじっくり考えてから決めたほうが良いでしょう!

ここでは、長男君の幼稚園選びの時のポイントを書いていきます。

幼稚園選びの4個の重要ポイント!(重要なもの順です)

  • 幼稚園の「教育方針」に共感できるか?
  • 幼稚園の先生や園の雰囲気になじめるか?
  • お昼は給食なのか?お弁当なのか?
  • 通園手段はどうする?

などが重要なポイントになりました。

1、幼稚園の教育方針は共感してますか?

ここが一番重要なポイントですね。

それぞれの幼稚園では教育方針が違います。幼稚園の教育方針は家庭の教育方針に合っているかが重要なポイントになっています。

事前の入園説明・園の解放や体験入園などの参加して、幼稚園の教育方針についての情報を集めておいた方が良いですね。

2、幼稚園の雰囲気や先生の対応など見ておきましょう

見学したときには、園児たちの表情を見てみたり、先生は園児にどのような接し方をしているのかを見ておいた方が良いでしょう。

先生が泣いている子供にどう接しているのか、先生同士の様子もしっかり見ておいた方がいいでしょう。

3、お昼ご飯はお弁当?給食?

お弁当を毎日作るのは大変ですよね?

給食は作らないでいい分給食費がかかります。どちらにするかはそれぞれの家庭によって違うと思います。

幼稚園によって給食なのか、お弁当なのか違うので確認しておくことが望ましいです。

4、通園はバス?徒歩?自転車?自宅からの距離も考えよう

バス通園の場合、費用がかかります。バスの止まる集合場所までは徒歩または自転車で行かないといけませんが、自宅から距離のある幼稚園ならバスで行く方が良いでしょう。

自転車で通園するときは、転倒などの事故に気をつけて、また雨が降ってきたときは子供を乗せて自転車は大変です。

幼稚園が近いのなら徒歩通園がおすすめです。毎日子供とのコミュニケーションがとれること、先生とも毎日顔を合わせて会話することができ、園の様子もよくわかります。

以上、幼稚園の選び方のポイントを書いていきました。その他にも、幼稚園や保育園の規模、制服や通園かばんはどんなものか、保育料はどれくらい?などいろいろ情報収集しながら選んでいきたいですね。

本日もお読みいただきありがとうございます。

おすすめの関連記事

幼児教材紹介〜こどもちゃれんじ〜

「砂場遊び」の効果は子供の想像力、創造力を育みます

子供の運動神経の鍛え方〜プレゴールデンエイジ〜

*記事の感想、商品の感想などコメントいただけたら嬉しいです。

LINEにて子育ての情報発信を始めました。

よろしければ友達登録お願いします。↓

友だち追加






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。