3人に1人が受講!「こどもちゃれんじ」がおすすめの理由とは?

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

あなたの子供は「しまじろう」知っていますか?

「しまじろう」はベネッセの「こどもちゃれんじ」に出てくる主人公のキャラクターなんです。

TVでも「しまじろうのワオ」で放送されているのでほぼ知っている人も多いと思います。

今日はベネッセの「こどもちゃれんじ」を紹介していきたいと思います。



ベネッセのこどもちゃれんじは3人に1人は受講しているそうです

私のところの長男くんは1歳から始めて次は年長さんになりますがずっと続いています。
今年で小学生になりますが、しまじろうと一緒に育ってきたように思います。

しまじろうは卒業して今は「ちゃれんじ1年生」になりましたが受講して良かったことが多かったので今回紹介していきますね。

そんなしまじろうは5月5日こどもの日が誕生日なんですね!

こどもちゃれんじとは

ベネッセが提供する通信制の幼児向け教材の事で、年齢や目的に合わせてさまざまなコースが選択でき、教材に出てくる主人公のしまじろうは同教材の代名詞となるほど有名です。

【こどもちゃれんじ】

こどもちゃれんじの概要を見ていきますね。

  • こどもちゃれんじ・baby(0-1歳児向け) - (玩具・保護者向け情報誌)
  • こどもちゃれんじ・ぷち(1-2歳児向け) – (絵本テキスト・映像教材・玩具・保護者向け情報誌。オプションとして読み聞かせ絵本・ワークブック(ことば・かず・ちえ)・英語コースあり(ワークブック・英語コースは2018年4月開始))
  • こどもちゃれんじ・ぽけっと(2-3歳児向け) – 1994年に「進研ゼミおやこ講座」として開講(絵本テキスト・映像教材(音楽に特化したオプションあり)・玩具・保護者向け情報誌。オプションとして読み聞かせ絵本・ワークブック2冊(表現&ことば・かず・ちえ)・英語コースあり(ことば・かず・ちえのワークブックは2018年4月開始))。
  • こどもちゃれんじ・ほっぷ(3-4歳児向け) – 1988年に「進研ゼミ幼児講座」として開講(絵本テキスト・ワークブック・映像教材・玩具・保護者向け情報誌。オプションとして読み聞かせ絵本・ワークブック2冊(ことば・かず・ちえ発展&表現)・英語コースあり(読み聞かせ絵本は2018年4月開始))。
  • こどもちゃれんじ・すてっぷ(4-5歳児向け) – 1988年に「進研ゼミ幼児講座」として開講(2018年4月以降は総合コースと思考力特化コースの中からどちらか選択し、総合コースは絵本テキスト・ワークブック(ことば・かず・ちえ基礎&応用)・映像教材(思考力特化コースは一部に限り動画配信)・玩具・保護者向け情報誌、思考力特化コースは教具・ワークブック2冊(総合コースと同内容・思考力)・添削サービス(年3回)・保護者向け情報誌。オプションとしてワークブック(ことば・かず・ちえ発展)・実験セット・英語コースあり(実験セットは2018年4月開始))。
  • こどもちゃれんじ・じゃんぷ(5-6歳児向け) – 1988年に「進研ゼミ幼児講座」として開講(2018年4月以降は総合コースと思考力特化コースの中からどちらか選択し、総合コースは絵本テキスト・ワークブック(4月号〜12月号はことば・かず・ちえ基礎&応用、1月号〜3月号は国語・算数基礎&応用)・添削サービス(年2回だがちゃれんじ1年生に委託。ことば・かず)・映像教材(思考力特化コースは一部に限り動画配信)・玩具・保護者向け情報誌、思考力特化コースは教具・ワークブック2冊(総合コースと同内容・思考力)・添削サービス(年3回)・保護者向け情報誌。オプションとしてワークブック(4月号〜12月号はことば・かず・ちえ発展、1月号〜3月号は国語・算数応用&発展)・実験セット・英語コースあり(実験セットは2018年開始))。

サービス開始は1988年に始まったので今年でちょうど「30年」経ちます。

親子2代で受講している人も多いのではないでしょうか。



こどもちゃれんじのメリットとは

1、生活習慣や学びの基礎ができるようになる

こどもちゃれんじの特徴は年齢にあった生活習慣や好奇心などバランスよく体験させることで子供の興味・可能性を広げることです。

1〜2歳で身につけてほしい生活習慣、3〜4歳でできるようになってほしいことなど、親がこうなってほしいと思っているところにぴったりと教材やエデュトイ、DVDなどが連動して取り入れています。

2、年齢にあった学び方ができるようになる

1〜2歳はおもちゃやDVDの中で色や長さなどの概念を学んで行き、2〜3歳は工作あそびを中心に、3〜4歳になるとワークを使った知育と年齢にあった遊び方へと変わっていきます。

5歳にもなると社会性(買い物やお金の概念)も学べるような教材も取り入れています。

3、DVDや絵本を通して普段からできないような体験を積むことができる

生き物の特徴や謎を映像や写真で詳しく教えてくれます。年齢が上がるにつれて一つの生き物について深く掘り下げて教えてくれるので子供の好奇心をうまく引き出してくれます。

小学校に上がる頃には地球や宇宙の謎、空や海の中はどんなもの?など好奇心が湧く題材も出てきます。

4、価格が手頃で始めやすい

絵本・DVD・エデュトイ・ワークブックなどがセットになって1ヶ月あたり1600円〜1900円とお手頃な価格で始められるところが魅力的なんですね。週1回通わないといけない幼児教室などに比べて手軽に始められ、コストパフォーマンスも高いですよね。ちなみにエデュトイやDVDなどは置いておいたら2人目・3人目の子にも使うことができるんですよね。

こどもちゃれんじのデメリットとは?

1、親子で取り組む時間を作らないといけない

基本的に教えるのはお母さん・お父さんがほどんどになるので2人目・3人目がいる人や、お仕事をされている人は負担になるかもしれませんね。

親子のコミュニケーションで社会性・感受性を育てていくので1日数分でも時間を作ってあげることが大事になります。

2、エデュトイが多くすぐ飽きてしまうものもある

1つのエデュトイが翌月のエデュトイと連動して遊ぶ仕掛けのものもあるので1ヶ月遊んでおしまいというものは少ないですが、数回遊んで飽きてしまうものもあります。

1歳から受講していると毎月教材が届くので整理しないとすぐにかさばってしまうこともあります。

こどもちゃれんじについてのまとめ

こどもちゃれんじは幼児教室に比べて手頃な価格で始められ、遊びの延長で毎日ちょっとずつ取り組むことができるので、あまり負担にならず、小学校に上がる前の勉強に取り組む習慣づけに効果はあると思います。

習い事よりお家でお勉強する!という子にはぴったりな教材です!

【こどもちゃれんじ】

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

おすすめの関連記事

紹介!こどもちゃれんじぷちから始めました!

こどもが喜ぶものがいっぱいの教材!こどもちゃれんじポケット

小学校までにやっておきたい!こどもに時間の感覚を覚えさせよう!

 

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加

応援よろしくお願いします!↓

 
人気ブログランキング 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

 




ブロトピ:子育て情報発信♪はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください