幼児教材なのに天才児が育つ?!七田式教材が家庭でできる!

こんにちは。

今日も子育ての情報をかいていきますね。

平昌オリンピックが終わりましたね。

あなたも2大会連続して金メダルを獲得した羽生結弦くんの演技を観ました?

羽生くんもすごいけど銀メダルを獲った宇野くんもすごかったですね。

そんなフィギュアスケートで盛り上がったオリンピックでしたが日本は次々と優秀な選手が出てきますよね!

フィギュアスケートといえばあの本田姉妹もすごいですよね。

姉の本田真凛ちゃんはジュニアの大会で優勝、妹は女優さんなのにフィギュアスケートでも才能豊かな望結ちゃん。

どうしたらあんな優秀な子が育つの?不思議ですよね?

それは実は幼児期の教育に秘密がありました。

あなたは七田式の教育法を知っていますか?

そう!本田姉妹は幼児期に七田式の幼児教室に通っていたんです。→七田チャイルドアカデミーはEQWELチャイルドアカデミーに名前が変わったそうです。

今回は七田式の幼児教室についてと、幼児教室が近所になかったり、通えなくても「家庭でできる幼児教材」の紹介をします。



世界的に評価される幼児教育「七田式教育」とは?その効果とは?

七田式教育は幼児教育と右脳教育の第一人者七田眞氏が確立した教育法でその実績は世界的に広く評価されています。

この教育法は脳は幼児期ほど高い可能性と吸収力があるため、 その脳に働きかける時期が早ければ早いほど才能が大きく伸びる可能性が高く、年齢が上がるにつれて その可能性は減っていくという「才能逓減の法則(さいのうていげんのほうそく)」を応用したものです。

可能性を引き出す カギとなる右脳のトレーニングを効果的に行えるように開発されました。

その才能を引き出すための第一歩は親と子が一体感を得ること、親が子どもを認めてあげること で、それによってこそ七田式教育法は高い効果を発揮します。

七田式についてはこちらの記事も読んでみてください。↓

驚異の右脳教育!あなたの赤ちゃんも天才児に育てる教育法とは?

短期間で英語を話せるようになる?七田式の英語教材とは?

 七田式の教育が家庭でできる!はっぴいタイムシリーズとは?

七田式教材の特徴は右脳教育に目が行きますが、実は右脳と同様左脳もバランス良く育てることにあるんですね。

ウチの近所に教室がなかったり、兄弟がいて通うのが大変だったりする人におすすめな幼児教材があるんです。

「七田式教材はっぴいタイム」はこちら!↓



では、七田式の幼児教材はっぴいタイムについて詳しくみていきましょう。

七田式の特徴1   フラッシュカードで記憶力アップ!

七田式の教材の特徴は右脳開発目的に作られたフラッシュカードドッツカードを高速で連続してみせます。

フラッシュカードは1枚につきひとつの絵が描いてあるカードを見せてその名前を読み上げ、1枚1秒以下の速さでめくってみせていきます。

高速で見せることでより大容量の情報を左脳では処理しきれなくなり、右脳が優位に働きます。

これが右脳を活性化させる取り組みです。

これを毎日繰り返し続けることで脳の回路を太くして右脳の能力を引き出していきます。

右脳が完全に開けると「超能力者」みたいにカードの内容をすべて覚えることができるそうです!

七田式の特徴2   ドッツカードで数学の天才に!

ドッツとはフラッシュカードに描かれた点のことです。

たくさんのドッツを高速で見せることで瞬時に読み取っていきます。

右脳の能力を引き出せるようになると、複雑な計算をイメージで素早く計算できる「右脳計算力」を引き出せるようになります。

右脳が完全に開けるとドッツを一瞬見ただけで「超能力者」みたいに数字を一発で当てられるようになるそうです!

七田式の特徴3   絵本の読み聞かせで右脳のイメージ能力を引き出す!

毎月届く絵本を読み聞かせてあげることで子供の豊かな心を育て、親子の信頼関係を築いていきます。

それと同時に右脳のイメージ能力をぐんぐん引き出します。

 

入会キャンペーン実施中!七田式右脳教育システム【 はっぴぃタイム 】

絵本の効果についてはこちらの記事も読んでみてください。↓

子供の想像力や記憶力を伸ばすには読書をすることが効果的です

はっぴいタイムの気になる値段は月々いくら?

毎月のお届け内容(2歳〜4歳)

  • DVD一枚
  • ワークブック「もじ+みぎのう」1冊
  • ワークブック「かず+みぎのう」1冊
  • オリジナル絵本1冊
  • 情報誌「はっぴいタイムズ」
  • 情報誌「サバクラブ」
  • ガイドブック1冊(初回のみ)

この内容で月々税別で4212円です。(今なら初回は半額の税込2106円になります)

七田式の英語教材はこちらです。↓



なぜ幼児期から学習をするのでしょう?

まだ言葉も喋らない内からそんなに詰め込み過ぎて大丈夫なの?

物事を理解してからでもいいんじゃないの?

と思われている人も多くいると思います。

私もそうでした。しかしそれは違っていたんですね。

じつは「幼児期のうちに人間の脳は完成するんです!」

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。↓

天才的な吸収力を発揮!3歳までに子供の脳の80%は出来上がります

さらに!赤ちゃんの時期には驚異的な能力を発揮する潜在意識が優位に働きます。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。↓

幼児教育には驚異的な能力を発揮する「潜在意識」を活用する

そう考えたら幼児期にしっかりと基礎を学習させておく方が良いんですよね。

本日もお読みいただきありがとうございます。

おすすめの関連記事

子供に人気の習い事とは?おすすめのスポーツの習い事 4選

天才児が育つ?子供のピアノ教室の効果とは?

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加

応援よろしくお願いします!↓

 
人気ブログランキング 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください