衝撃の事実!こんなにもかかるの?子供の教育費の総額とは?

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

子供ができたら一番先に考えることといえば何でしょうか?

そう!実は先に考えておくべきはお金のことなんですね。

出産のお祝いや児童手当などで一時的に入るお金はあるものの子供を育てていく上で必要なお金ってどれくらいかかるだろう?

どれくらい貯金があればいいのだろう?

いろいろ考えたりしますよね。

今日は子供の教育費などについて書いていきたいと思います。

子供の教育費は一体どれくらいかかるのでしょう?

あなたは知っていましたか?

子供が「大学を卒業するまで」にかかる教育費のことを。

私はこの金額を見て改めて大学まで行かせてくれた両親に感謝しました^^;

さて、実際に幼稚園から大学卒業までいくらかかるか、ざっと計算してみました。↓

  • 幼稚園    公立  65万円    私立  145万円
  • 小学校    公立  181万円  私立  850万円
  • 中学校    公立   134万円  私立  388万円
  • 高校        公立   115万円  私立   287万円
  • 大学       国立   237万円   公立   254万円
  • 大学       私立文系  385万円   私立理系   518万円

幼稚園から大学まで全て公立で740万円かかってきます。

全て私立ですと、2000万円以上かかってきます。

以上は学費だけなので、教材費や制服代、給食費などは別にかかります。

また、学校だけではなく塾や習い事などの課外学習は別にかかりますよね!


子育てする上で抱える一番の問題は?

世間では核家族化と言うようになって久しいですが、私の家族を含め親と子どもだけの世帯は増えています。
私が子どもの頃は、おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に住んでいて、二世帯というのが当たり前にありました。
「ちびまる子ちゃん」、「サザエさん」みたいな二世帯の家庭は少なくなってきていますね。
今は核家族が進み、両親が共働きで子どもを保育園に預けながら仕事に行くお母さんが増えています。

子育てしていて一番の心配事といったら、お金の問題ではないでしょうか。

子供には「いい教育」を受けさせてあげたいですよね。

いい教育を受けさせてあげれば、いいところに就職したり、子供がやりたいことをやらせてあげたりできますよね。

また「お金」があればいろいろなところに子供を連れて行ってあげたり、いろいろなことを経験させたりできますよね。

収入がある人ならいいですが、なかなかお金で苦労している人も多いと思います。

我が家では次男くんが産まれる前あたりからお金の工面をどうするかいろいろ考えたものです。

マイホーム、引っ越し、保険などをいろいろ考えました。






家計のやりくりは必須!「シックスポケット」を上手に生かそう!

子育て世帯の平均年収って知っていますか?

だいたい600万円以上といわれています。

しかし、それでも生活は苦しいといわれます。

月にかかる、住宅ローン(家賃)食費光熱費(電気代、ガス代、水道代)、通信費(携帯電話、インターネット)その他諸々で

残るお金で子供の教育費になったらほとんど残らないそうです。

保険、マイホーム、引越しなどは計画的に進めましょう!

まず、我が家でも最初に「保険の見直し」をしてみました。

結婚前は別々の保険会社に入ってたのを、見直しているものと要らないものを整理してみました。

なんと!月にして「2万円くらい」節約ができました。

あなたはまだ保険を見直してないならプロに相談してみてはどうでしょう?↓  ↓

FPに相談!【保険コネクト】

次に家、住まいの事ですね。いわゆるマイホームなんです。

マイホームを持っている人も、持っていない人も子供の学校の事、仕事のこと、今の家賃でいいの?

いろいろ考えまして我が家でもマンションを購入しました。

今の家賃やローンと比較して、より良い物件や条件があえば住み替えをすることもいいですね。

今の持ち家に住みながら売却もできる不動産屋さんもありますのでプロに相談してみてはどうでしょう?

住みながら自宅を売却できる【ハウスドゥ】

シックスポケットとは何でしょうか?

ここ最近「シックスポケット」という言葉が話題になっています。

「シックスポケット」とは一体何でしょう?

少子化が生んだ「シックスポケット」といわれています。

少子化とは子供が少なくなる現象のことをいいますよね。

しかし、子供が少なくなった分一人の子供に対して優先して教育などにお金を使うことが出来るようになりました。

その典型的な現象が「シックスポケット」なんですね。

一人の子供には「お父さん」「お母さん」がいます。

そのお父さんにもお父さんとお母さん、すなわち「おじいちゃん」「おばあちゃん」がいます。

同じくお母さんにも「おじいちゃん」「おばあちゃん」がいますね。

さて子供にお金を出してくれる人は何人いるでしょう?

数えてみると「6人」いますよね。

現在の日本の世帯収入では「子供は一人で精一杯」という世帯も多いといわれています。

またそう考えている家庭では「子供は一人」と決めているところもあるそうです。

親にとってみれば唯一の子供、祖父母にとってみれば唯一の孫になるわけです。

そうなるとその「子供」にとって、6人も出資してくれる人がいることになるんですね。

親戚付き合いが良好な家庭ではもっと出資してくれる人が増えますよね!

この両親の両親からの「お祝い」や「お年玉」も集めていけばすごい金額になりますよね。

なかなか高くて買えない、雛人形・五月人形・ランドセル・学習机・七五三などの衣装や写真撮影などおじいちゃんおばあちゃんに出してもらっている家も多いとおもいます。

学校の教育だけでは物足りない?

あなたの子供は学校の授業だけで、立派に育つと思いますか?

子供が義務教育だけで成長していくケースはほとんどありませんよね。

誰もが何らかの課外学習、「塾」「習い事」を経験しているのではないでしょうか?

子育てをしている多くの人が、「学校教育だけでは何かが足りない」「学校教育では得られない何か」を子供に与えたいと思っているでしょう。

私は子供のころ「スイミングスクール」と「サッカー」を習っていました。

スポーツの習い事は幼児期のうちにやっておくとすごく効果的なので別記事にて書いていますので是非見ておいて下さい。

おすすめの関連記事

こちらの記事も合わせて読んでみて下さい。↓

子供に人気の習い事とは?おすすめのスポーツの習い事  4選

小学校までに泳げるようになれる!子供の水泳教室の効果とは?

イメージ脳も鍛えられる!子供のサッカー教室の効果とは?

PS

英語は6歳までに触れさせておきましょう!

これからの時代は英語は必須になっていきます。

子供の脳の発達は3歳までに80%、6歳までにほぼ100%出来上がると言われています。

言語脳が発達する6歳までに英語の教材を親子でやってみることをお勧めします!

こちらの記事で詳しく書いていますので読んでみてください

英語のお勉強はこちらへ!

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

 

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録していただけたらすごく嬉しいです。

友だち追加






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。