子供はお絵かきが大好き!Nullieであなたの子も想像豊かに!

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

あなたの子供さんにこんな経験ないですか?

画用紙に絵を描いていたのにいつの間にか床や壁にまで絵を描いてしまった。

画用紙の枠を超えて机やテーブルの上にまで絵を描いてしまった。

実は我が家でも長男くんは絵を描くことが大好きで毎日「電車の絵」を描くんです。

電車って長いので画用紙(A4のコピー用紙なんですが)を何枚もテープでつなぎ合わせて長くしてから描くんです。

ウチは引越したばかりなので壁や床に落書きされたら困るんですね。

だから枠に入らないものは「紙を貼り合わせて」絵を描くようにしています。

実は子供が壁や床に落書きをしてしまうのはちゃんとした理由があることを知っていましたか?

画用紙の枠を超えて床や壁にまで絵を描いてしまうことは、子供の「想像力」が発達しているんですね。

でも家の床や壁に落書きされたら困りますよね!新築の家ならなおさらですよね!

そんな子供にピッタリな知育玩具があるのを知っていましたか?





子供の想像力を伸ばす知育玩具!「紙の家NULLIE」とはどんなものでしょう?

絵を描いたり、工作をしたり、パズルをしたりを一つにまとめたおもちゃがあるんです。

前回にも紹介しました「紙の家Nullie」です↓

エジソンのような創造力がつく?噂の知育玩具「紙の家Nullie」とは?

「紙の家Nullie」とは紙でできたパーツを組み合わせることで、家やお城、ロケットなどを作ることができる知育玩具なんですね。

組み立てて完成した作品に塗り絵のように自由に好きな色を塗ることができるんですね。

組み立て作業・塗り絵、完成した作品でままごとをしたりと子供の好奇心を刺激して創造力などの知能的発達を促進させることができるおもちゃとして開発されたんですね。

子供の脳は1ヶ月で大人の10年分成長すると言われています

そんな子供の創造力、表現力、空間認識力を自由に伸ばすことができるんですね。

表現したいものが紙というキャパを超えて壁や床にはみ出してしまうことがあります。

そして!もう一つ重要なことがあるんです!

子供は自分の描いた絵(落書き)をお父さん・お母さんに見てもらいたいのです

だから子供は目のつきやすいところに落書きをするんですね。

 




「紙の家Nullie」の遊び方とは?

1、子供と一緒に作る。

わかりやすく、のりなしで組み立てられます。

2、塗り絵をする。

マーカー、絵の具、クレヨンで自由に塗り絵をすることができます。

3、自由に遊ぶ

収納しやすい、折りたたみのデザインになっています。

そもそも知育玩具って一体何なのでしょうか?

知育玩具とは子供の知的能力の発達を促進させたり、学習の手助けになるおもちゃのことを言います。

子供は遊びながらも学習をしているんですね。

幼児期の脳は1ヶ月で大人の10年分成長するのですね。これは遺伝ではなく育てる環境の違いが脳力の違いにつながるという実験の結果もあるそうです!

「Nellie」で遊ぶことで得られる効果とは?

  • 創造力が豊かになる
  • 友達と仲良くなれるコミュニケーション力がつく
  • デザイン・色彩感覚が豊かになる
  • 手先が器用になる
  • 集中力がつく
  • 記憶力が良くなる
  • 感受性が豊かになる

などなどいいことづくしな知育玩具なんですね。

「Nellie」は指先を使い、何色を塗るかを思い巡らすことから脳への良い刺激になるんですね。

パズルのように組み立てる作業を通して指先のトレーニングにもなります。

また子供一人では組み立てるのが難しいので、お父さん、お母さんとのコミュニケーションと通じて組み立てていくので自然とコミュニケーション能力もついていくんですね。



注目!「Nullie」はなんと子育て中のお母さんが開発されたんです

「Nellie」を開発したのは誰だと思います?

実は3歳のお子さんを持つシングルマザーの人だったんです!

「初めての子育てはこれでいいの?ちゃんと我が子は育つの?」

尽きることのない不安の中で子育てをして、「家事に、育児に、仕事に」と全力で自分でやるしかない、がむしゃらに毎日を過ごしていたそうです。

だからこそ「子供と一緒に過ごす時間の質」にこだわりたいという思いが芽生えたと言います。

そして「子供と一緒に遊ぶ体験+知育玩具」を組み合わせた「Nullie」を考案したそうです。

子供はどんな大人になりたいか?という視点でおもちゃを選ぶことはできないですね。

だからあなたが我が子の「脳力と基本的な人格」を決めることに大きく関わってくるんです。

子供の将来は親の言葉や行動で変わるものなんですね。

ぜひ正しいおもちゃ選びの知識を持って子供の明るい未来を照らしてあげれたらいいですね。

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

おすすめの関連記事

想像力と数学的センスを養う!知育玩具マグフォーマーとは?

驚異の右脳教育!あなたの赤ちゃんも天才児に育てる教育法とは?

注目!今話題の久保田式!2歳から3歳の脳の鍛え方とは?

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。