赤ちゃんが食べると危険なものとは?!子供の食品アレルギーの原因と対策

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

あなたの子供はアレルギーを持っていますか?

我が長男くんは1歳の時に玉子のアレルギーが出てしまったことがあるんです。

軽いじんましんが出た程度なんですが初めてのことだったので慌ててお医者さんに診てもらった記憶があります。

それ以来、長男くんは玉子を食べようとしなくなりました。

一度アレルギーが出てしまうと、なかなかその食品に対して抵抗感が出てしまうんですね。

今日は子供のアレルギーの原因と対策について知っておいたほうがいいと思うことを書いていきたいと思います。



離乳食に移る前にしっておきたい、赤ちゃんが食べたら危険なもの!

赤ちゃんが母乳から離乳食に移る時ってほとんどのママさんは慎重になりますよね。

特に初めての子供の時は知らないことが多いので、食べたらダメなもの、いいものの区別がつかないですよね。

実は!「蜂蜜」は赤ちゃんが食べると危険なものなんです!

生後6カ月の赤ちゃんが蜂蜜入りのジュースを飲んで死亡したニュースがありました。

家族は赤ちゃんに離乳食として蜂蜜入りのジュースを与えていたそうです。

赤ちゃんの便や蜂蜜から「ボツリヌス菌」が検出されていたそうです。

この事故でもしっかりと親は子供の食べ物についての知識を知っておかないといけないと思います。

実は赤ちゃんは蜂蜜を食べてはいけない!

蜂蜜は1987年に当時の厚生省が「乳幼児には蜂蜜を食べさせるべきではない」と発表。

その後育児書や母子手帳にも書かれています。

蜂蜜は基本的に加熱などの処理をしておらず、ボツリヌス菌が含まれていることがあります。

ボツリヌス菌は1歳以上になれば体内で繁殖することがないけど、乳児は腸内細菌が少ないためボツリヌス菌が増殖し、乳児ボツリヌス症になってしまうことがあります。

玉子・牛乳などは1歳過ぎてから食べさせてみよう!

長男くんが6カ月の時、おばあちゃんが孫にたまごボウロを買ってきて、それを食べさせた時です。

身体中にじんましんができてしまい、2、3日じんましんは治りませんでした。

たまごボウロに入っていたたまごが原因でしたが、それ以来長男くんは玉子は苦手になってしまいました。

食品アレルギーとは?その原因とは?

体内に入ってきた異物に対して抗体を作り、これらを攻撃して身体を守ろうとする働きがあります。

それを免役反応といい、この働きがある特定の物質に対して過剰に反応してしまうのがアレルギー反応です。

食品アレルギーの場合、食べ物に含まれる主にタンパク質が異物と認識されて症状が引き起こされます。

食品アレルギーは子供とくに赤ちゃんに多いです。

子供にアレルギーが多いのは成長段階で消化機能が未熟で、アレルゲンであるタンパク質を小さく分解することが出来ないためです。

成長に伴い消化吸収機能が発達してくると原因食物に対して耐性がつく可能性が高くなります。

アレルゲンの物質はいろいろあります

小麦、鶏肉、牛乳「3大アレルゲン」といいます。

この他にもアレルギーの原因になる食物はそば、ピーナッツ、えび、カニなどの甲殻類、果物、豆類など幅広くあります。

症状もさまざまあります

◎皮膚症状    じんましん、かゆみ、赤みなど

◎呼吸器症状   くしゃみ、咳、呼吸困難など

◎粘膜症状   口の中がイガイガしたり、唇や口の中、まぶたが腫れるなど

◎消化器症状  腹痛や吐き気、嘔吐など

◎アナヒィラキシー   複数の臓器症状が全身にでるもの。血圧低下や意識を失うなどのショックになることもあるらしい。

上記の症状になったら早めに医師に見てもらいます。



対策はどうしたらいい?

アレルゲンを知る

アレルギーを引き起こす原因(アレルゲン)を知る。

アレルゲンに備える

加工食品のアレルギー表示を確認する。

これは長男くんの時に、たまごが入ってないかなどチェックしました。あと市販の離乳食(キューピーや和光堂)にもアレルギー表示はしてあります。

◎表示が義務付けられている7品目

たまご、乳、小麦、エビ、カニ、そば、落花生

◎表示が奨励されている20品目

あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、マツタケ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

離乳食はお米を中心に作りましょう

長男くんの離乳食の時はアレルギーに気をつけてお米中心におかゆを毎日作っていました。

↓こちらを参考にしました

おすすめの関連記事

こちらの記事も合わせて読んでみてください↓

赤ちゃんも美味しく食べられる!初期の離乳食の作り方と進め方

赤ちゃんも好き嫌いなく食べられる!美味しい離乳食「中期」の作り方と進め方

赤ちゃんも好き嫌いなく食べられる!離乳食後期の献立とは?

これで野菜嫌いを克服!野菜嫌いな子供を好きにさせる方法とは?

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録していただけると嬉しいです。

友だち追加




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。