子供の英語が上達する秘密とは?フォニックスを覚えよう!

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

突然ですが質問です!

あなたは英語を話せますか?

外国人と普通に日常会話ができますか?

「はい!できます!」と答えられた人はどれくらいいるでしょうか?

実は日本人の10人中8人は「英語を話せない」といわれています。

中学生から大学受験に至るまで、英語は必須の科目にかかわらず何故話せないのでしょうか?

それは英語独特の発音の聞き取りや発声が出来ないからなんですよね。

ではどうして聞き取りや発声が出来ないのでしょうか?

それは今までの英語教育は「リーディング」「英文法」が中心の教育になっていたからなんですね。

「リスニング」「スピーキング」は重要視されてきませんでした。

しかしこれからの時代は英語教育も変わろうといわれています。

詳しくはこちらの記事を読んでみて下さい。↓

2020年に教育が変わる!これからの時代に求められる教育とは?

小学校で英語が必須に!小学生におすすめの英語教室とはどんなもの?

英語は覚えるものから使いこなすものへと変わろうとしています。

では子供に英語をどのように学ばせたらいのでしょうか。



注意!最初に「ABC song」を教えてはいけない?

あなたは子供の頃に英語を始めた時必ずABCsongを聞いたことありますよね?

「ABCDEFG〜♫」

「エービーシーディーイーエフジー〜♫」

アルファベットを読む時こう発音するように習いましたよね。

でも実際に英語を話す時にはこの通りに発音しませんよね。

例えばapple はエイピーピーエルイーとは言いませんね。

日本語では「りんご」は「り・ん・ご」ですよね。

日本語は綴りと発音は一致しています。

でも英語はスペルと発音が一致していないんですね。

外国の子供たちは英語のスペルを覚えるためにこの学習方法で勉強しています。

それがフォニックス(Phonics)といって、スペルと発音に規則性を明示して正しい読み方の学習を容易にさせる学習方法です。

英語の正しい発音を身につける!「魔法の勉強法」フォニックスとは?

あなたは日本人が英単語を覚える時、スペル・発音・意味の3つを同時に丸暗記する必要がありましたね。

それはとても多くの時間と労力を費やしてしまいますよね。

フォニックスを勉強すれば「見れば読める」「聞けば書ける」ようになります。

そしてフォニックスをマスターすればその労力は大幅に軽減されるばかりでなく、「自分で英語が読める」ようになります。

フォニックスを勉強すれば、

  • はじめてみた英単語を正しく発音できる
  • 耳で聞いた英単語を正しくスペリングできる
  • スペル・発音・意味を同時に理解できる

ようになるんですね。

ではどういうふうな学習方法なのかみていきましょう。



フォニックスではアルファベットの読み方が違います!

フォニックスでは一音一音繋げることが基本になります。

ローマ字読みではなく英語らしい読み方になります。

「pig」はローマ字読みをすると「ピッグ」になりますよね。

フォニックスのルールで発音すると「プィグ」になります。

p[プ]+i[イ]+g[グ]=pig[プィグ]

j[ジェ]+o[オ]+b[ブ]=job[ジォブ]

と言う風にスペルと発音を同時に覚えるようになります。

フォニックスでのアルファベットの読み方

A a(ェア)・B b(ブ)・C c(ク)・D d(ドゥ)・E e(エ)・

F f(フ)・G g(グ)H h(ハ)・I i(イ)・J j(ジュ)

K k(ク)・L l(ル)M m(ム)N n(ヌ)・O o(オ)

P p(プ)・Q q(ク)・R r(ル)・S s(ス)・T t(トゥ)

U u(ア)・V v(ヴ)・W w(ウォ)・X x(クス)・Y y(ユ)・Z z(ズ)

フォニックスの発音一覧の読み方を基本に幾つかの独特なルールを学んでいきます。

これらのルールをマスターすることで難しい単語でも見ただけで正しく読める力が備わっていきます。

フォニックスを覚えるのにおすすめの教材とは?

小学校で英語が必須になるにつれて英語の早期教育の流れは加速していってます。

大阪の小学校では「フォニックス」の授業をすでに取り入れています。

フォニックスを覚えるのにおすすめの教材を見てみましょう!

今回、紹介するのは日本のフォニックスの草分け「松香フォニックス研究所」制作の65のルールを覚えて英語発音の基礎作りができる「アクティブ フォニックス」です。↓

こちらはテキストとCDがセットになった「フォニックス」の65のルールを覚えるため、本格的に英語の学習をスタートしたい小学校高学年生や、音の基礎からしっかり学び直したい大人まで、楽しみながらフォニックスを習得できる教材です。

木になる価格は税込みで2622円です。詳しくはこちらをどうぞ!↓

子供はフレーズごと覚える?驚異の記憶力を引き出す英語教材とは?

フォニックスでは英語の発音とスペル、意味を同時に覚えてしまおうという学習法でしたね。

しかし、子供の右脳が優先に働いている幼少期は英語をフレーズ(文章)ごと覚えられると言われます。

そもそも子供は文法を理解して日本語を話しているのでしょうか?

そうではありませんよね?

子供は文法なんて全く考えずにフレーズごと口に出して言っているのです。

「こういう時はこういうんだろうな」という程度の認識で覚えた短いフレーズを丸ごと口から出しているのですね。

普通の英会話フレーズをそのまま聴かせることで、子供は「音」として英語を大量にインプットしていく学習法を使った英語教材があるのです!

詳しくはこちらをどうぞ!↓



本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです!

PS.

「親が英語を話せないのに、子供に英会話を習わせても大丈夫なの?」

「子供が英語を話せるようになっても親が話せないとかっこ悪いな!」

と考えているお父さん、お母さんに読んで欲しいものがあるんですが。

英会話の学習法について。

以下のうち、
どの練習をやると
一番上達するのでしょうか?

1.英単語を覚える
2.文法をマスターする
3.とにかく聞き流し

答えは、





全部違います(汗

実は、、、

多くの日本人にとって、
どれだけ英語を勉強しても話せるようにならない
ある理由があるのです

日本人だけが抱える
英会話の深刻な問題とは何か?

続きはこちら

http://directlink.jp/tracking/af/1491132/t5feIvEq/

 

おすすめの関連記事

合わせてこちらの記事も読んでみてください。

短期間で英語を話せるようになる!七田式の英語教材とは?

1、2歳から始められる英会話教室!オンライン英会話と通塾の違いとは?

0歳から英語を習おう!5歳で英検2級!ディズニーの英語教材とは?

 

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加

応援よろしくお願いします!↓

 
人気ブログランキング 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください