子供の人気の習い事とは?おすすめのスポーツの習い事 4選

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

あなたの子供は何か習い事をしていますか?

子供に習い事をさせる時には、やはり本人がやりたいという気持ちがないと長続きしないですよね。

今回は子供さんに長続きできるように、人気のスポーツの習い事を紹介していきたいと思います。





子供の習い事は何をしたら良いでしょうか?

子供の習い事は何をしたらいいか迷いますよね?

もちろん子供が興味を持ってくれたらいいのですが、親が強制的にやらせても上手く続けられなかったりします。

あなたの子供の習い事は何をするか決めていますか?

まだ決めていないのならこちらの記事を参考にして子供にあった習い事をさせてあげたらいいですね。

子供の習い事人気があるのは何でしょうか?

いろいろと習い事がありますが、迷うほど世の中には習い事が多いですよね。

うちの長男君が通っている幼稚園が主催している習い事でも、「サッカー」・「ピアノ」・「英会話」・「書道」・「バレエ」・「絵画教室」・「空手教室」・「体操」等いっぱいあります。

どれが人気で、費用はどれくらいかかるか気になるところですよね。

それでは、どんな習い事が人気なのか見てみましょう。

子供が習っている習い事ランキング2016年(ケイコとマナブより)

1位、水泳・スイミングスクール

2位、英語・英会話教室

3位、ピアノ教室

4位、体操教室

5位、学習塾・幼児教室

6位、サッカースクール

7位、書道教室

8位、ダンス教室

9位、空手教室

10位、そろばん

という、ランキングです。ちなみにこちらのランキングは小学生を対象にしているものです。

やはり私も子供のころ泳げなかったので、2駅離れていたスイミングスクールに通っていました。小学校の高学年時はサッカーもしていました。あなたも子供の時に習っていた習い事もランクインしていたんじゃあないですか?

そして、未就学児のランキングでは

1位、水泳

2位、体操

3位、英語・英会話

4位、ピアノ

5位、リトミック

という結果です。水泳と英語は根強い人気ですね。特に英語はこれからの時代に必須になってくると思いますので、英語・英会話のスクールについてはまた別の記事で紹介していきたいと思います。

英語教育・教材についてはこちらから

0〜6歳までに習い事をするメリットとは?

習い事は小学生になってからでも遅くはないと思っている親もいると思います。

ここ近年では特にスポーツの分野で早期教育をした方がその道のプロになる早道だとも言われています。

早期に教育をするメリット

  1. 好きなことを自由にやらせてあげる
  2. 成長してからも役立つスキルが身につく
  3. 進学しても遅れをとらない

など、早期に習い事をすることのメリットは多いと思います。しかし子供に無理強いするのではなく、やりたいことをやらせてあげることが上達への近道であると思います。

東京オリンピックの影響で「スポーツの習い事」が人気に!

習い事の上位に入った「水泳」・「サッカー」・「体操」はいずれもオリンピックの目玉種目です。

また日本のメダルがかかる人気種目なので、スクールに通う子供多いと思います。

今回は人気スポーツの習い事をいくつか紹介していきます。気になる月謝はどれくらいかかるか?この習い事のメリット、デメリットもあると思います。

あなたのお子さんに合った習い事が見つかればいいですね。

それでは「人気スポーツの習い事」の特徴を見ていきましょう。月謝などの費用は長男くんの通っている幼稚園の教室を参考にしています。

1、体操教室

体操といえば、日本のエース「内村航平」さんの活躍で子供にも人気のあるスポーツになりましたね。

街の開発などで外で遊ぶところが減り、屋内でもできるスポーツとして人気があります。

体操教室の特徴とは

「マット」「跳び箱」「トランポリン」「平均台」「鉄棒」などの基礎トレーニングが中心で、子供のバランス感覚、体力、瞬発力などがつきます。

効果やメリットはどんなもの?

免疫力を高めて基礎体力が上がります。そのため子供の姿勢がよくなります。寝つきが良くなる子もいるそうです。

気になる費用はどれくらい?

月謝の目安は、週1回で5000円〜6000円

初期費用は5000円くらいが目安になると思います。

2、水泳教室・スイミングスクール

幼稚園・小学校でも水泳の時間があるので、ある程度泳げるようになりたい子が多いみたいですね。

水泳は東京オリンピックでは、メダルラッシュになりそうな人気の種目ですね!

私も小さいとき泳げなかったのでスイミングスクールに通っていました。

水泳教室の特徴は?

温水プールがある施設には必ずスイミングスクールがあります。年齢・スキルに合わせてコースが変わってきますが、水慣れから始まり4泳法(クロール・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライ)から「個人メドレー」ができるようになるまで指導するところもあります。

水泳教室のメリットはどんなもの?

水泳をすると心肺機能が上がるので、風邪をひきにくくなったり、体力がついたりします。

また、幼稚園や学校の授業でも泳げるようになるので水泳の授業が楽しくなります。

気になる費用はどれくらい?

月謝の目安は週一回で4000円〜6000円

初期費用は5000円くらいが目安になると思います。

世界最大級のスポーツ専門オンラインショップ!

3、サッカー教室

サッカーも競技人口が世界的に多い人気のスポーツですね。

海外で活躍する本田選手や香川選手に憧れてる子も多いのではないでしょうか?

サッカー教室の特徴は?

サッカー教室は全国にも様々ありますが、地域の幼稚園や小学校が主催するスクールが多いです。

また、「Jリーグの下部組織」などが子供向けにスクールを開いて、その中から優秀な子はJrユースチームに入れたり、有名なサッカー選手が主催のスクールなどプロに教えてもらえる環境も近年は整ってきています。

サッカー教室のメリットはどんなもの?

プレー中は色々なことを考えて動かないといけないので、想像力・空間認識能力がつきます。

サッカーは団体競技なので、チームプレーを通して「積極性」や「協調性」を学べます。よく走るので体力がついたり、試合を通して競争意識がついたり負けず嫌いな性格になったりしますね。

気になる費用はどれくらい?

月謝の目安は週一回で3000円〜6000円

初期費用は5000円くらいが目安になると思います。



世界最大級のスポーツ専門オンラインショップ!

4、空手、武道(剣道・柔道など)

格闘技のブームも少し去ったかもしれませんがまだまだ格闘技は根強い人気を持っていますね。

特に空手教室はうちの近所だけでも色々な流派の教室があって、いろいろな特徴があるので下調べしてから通った方が良いと思います。

空手・武道教室の特徴は?

「挨拶」「礼儀作法」から始まり、基礎的な立ち方姿勢など基礎から厳しく教えられます。

受け身や護身術など身に付けたいならこちらがおすすめですね。

空手・武道教室のメリットはどんなもの?

護身術だけでなく「礼儀」を身につけることができます。「挨拶」もしっかりできるようになります。

また、立ち方、正座なども教えるので姿勢が良くなります。

気になる費用はどれくらい?

月謝の目安は3000円〜6000円

初期費用は3000円〜10000円くらいが目安になると思います。

他にもいろいろなスポーツの習い事はあります

ここに紹介した以外にも、「ダンス」「少年野球」「テニス」「バレエ」「卓球」などのスクールも人気が出てきています。また別の記事にて書いていきたいと思います。

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

おすすめの関連記事

「イメージ脳」も鍛えられる!子供のサッカー教室の効果とは?

小学校までに泳げるようになれる!子供の水泳教室の効果とは?

運動神経の良い子は10歳までの子育てで決まります

子供の運動神経の鍛え方〜プレゴールデンエイジ〜

子供の運動神経の鍛え方②〜プレゴールデンエイジ〜

*記事の感想、商品の感想などコメントいただけると嬉しいです。

LINEにて子育ての情報発信を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録していただけると嬉しいです。

友だち追加






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。