妊娠中、産後のつらい腰痛の原因は何?どうやって解消するの?

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

うちのママは妊娠中や産後の腰痛がきつくて次男くんを産んだ時には腰痛で動けなかったほどでした。

妊婦さんの80%は腰痛に悩まされています

あなたは妊娠中や産後に腰痛になったことがありますか?

実に「妊娠中、産後の腰痛」はなかなか厄介ですよね。

核家族化の家庭は一般的になってきているので、「家事を1人でこなさなければいけなかったり」、「妊娠中もギリギリまで仕事に行かないといけなかったり」、休まる暇がないですよね。

また、産後も骨盤が安定せず、腰痛に悩まされ、体型が変わってしまった人も多いのではないかと思います。





妊娠中に多い腰痛は何故起こるの?

妊娠中の腰痛が続くと歩くのがつらかったり、寝るのもつらかったり、寝返りをうつことも出来ないなど、悩みを抱える人は多いですね。

妊娠初期にはホルモンが原因で骨盤が緩みます

助産師さんによると、妊娠初期、3ヶ月頃に「出産ホルモンが骨盤」を緩めるという理由があります。

妊娠3ヶ月ころに卵巣ホルモンの一種である「リラキシン」というホルモンが分泌されます。

このホルモンは赤ちゃんがお母さんの狭い骨盤を通れるように、出産に備えて関節や靭帯を緩めたりする作用があります。

緩んだ骨盤をお尻の筋肉や腰の筋肉で支えようとするから腰痛が起きます。

妊娠後期の腰痛は姿勢が変わるため!

妊娠すると10kg前後体重は増え、姿勢の変化が起こります。

お腹が大きくなり、重心が前方に移動することによって、骨盤や腰椎が前方に傾きます。

背中の筋肉で支えて、後方にバランスをとろうとするために腰痛の原因になります。

妊娠中の腰痛対策はどうするの?

冷え性の人は筋肉が硬くなり、腰痛になりやすいので、日頃から身体を温める食事を摂り、半身浴をしたり身体を冷やさない様にすると良いです。

骨盤が緩んで歩くのがつらいときは、「骨盤ベルト」を使うと良いです。

骨盤ベルトのおすすめ品はこちら↓

トコちゃんベルト2 Sサイズ 腰痛 妊娠産前産後の骨盤のゆるみ・歪みの矯正 産後の体系戻し ダイエット

お腹の下で巻くので赤ちゃんは苦しくない様になっています。

産後の腰痛は骨盤の緩みが治らないため!

産後の場合も腰痛を引きずっている人が多いですね。

妊娠中で姿勢に悪い癖がついたり、骨盤が緩んだままの状態が続くことによって腰痛が起きます。

また赤ちゃんを抱っこしたり、授乳するときに前かがみの姿勢になる事で腰に負担がかかる為、腰痛になりやすくなります。

また、産後の骨盤は早めに治しておかないと、体型が変わってしまったりしてしまうので、早めに治してもらいましょう。

治療院検索はこちらへ

産後の骨盤ダイエットをはこちらへ↓


腰痛はどう対処したらいいでしょうか?

妊娠初期、妊娠後期、産後と腰痛の原因も違えば、対処法も違ってきます。

どう対処していけばいいかみていきましょう。

妊娠初期にはなるべく身体を冷やさない様に

妊娠初期にはホルモンバランスが変わっていくので、冷えからくる腰痛になる事が多いです。

身体を冷やさない、温かい物を摂るなど、夏場でもシャワーだけで済まさず、湯舟に浸かって温めた方が良いです。

こちらは妊娠中でもおすすめのサプリメントです↓

↓  ↓  ↓  ↓

妊娠後期は姿勢に気をつけよう!

妊娠後期は赤ちゃんが重くなり、それをお母さんの身体で支えないといけないので、ヨガや腰痛軽減のエクササイズをすることをおすすめします。

また赤ちゃんの重みで腰に負担がかかるので、椅子に座るときはクッションの柔らかいものを使うと良いですね。

妊娠中は「シムスの姿勢」で横になるとリラックス出来ます!

妊娠中はうつ伏せで寝ることが出来ないです。

「シムスの姿勢」とは身体の左右どちらかを下にして、横向きに寝て、上になった方の足を軽く曲げる姿勢のことです。

シムスの姿勢で寝ると仰向けで寝るのと比べて、血液の循環が良くなります。

血液の循環が良くなると、代謝が良くなるので赤ちゃんに栄養が行き届きやすくなります。

産婦人科医もおすすめ!「エンジェルサポートマット」

あなたも産前産後の腰痛で悩んでませんか?

妊娠中、産後にも腰痛軽減が出来るようにしたいですよね。

一般的な布団やマットレスで寝ていてもなかなか腰痛は軽減されないと思いませんか?

注目!妊婦さん、産後のママの強い味方、「エンジェルサポートマット」はここがいい!

助産師の赤井由紀子先生と西川リビングが共同開発した「エンジェルサポートマット」があなたの悩んでいる腰痛を軽減されます!

なんで腰痛にいいのでしょうか?

1番負担のかかる腰、お腹の部分を柔らかめにしているので、赤ちゃんで重くなったお腹を優しく包み込むようになってます。

お腹や腰の高圧部分の面積がなくなり、体圧を分散させているので腰への負担が軽減されます。

軽くて折りたため、表面もムレにくい!

  • 表面に凸凹加工を施してるのでムレにくいです。
  • 折りたためて、軽くなっていますので里帰り出産の時ももちだせます。
  • 今使っている敷布団やベッドの上に置くだけです。
  • 出産後も中身を入れ替えるだけで使えます。

産婦人科でも採用されているマットレスです!

助産師さんが開発に携わっているので産前、産後の妊婦さんのことを考えて作られているので、多数の病院、産婦人科でも採用されている実績のあるマットです。

このマットを使ってつらい腰痛にさよならしましょう。

我が家のママも布団からマットレスにして、産前はよく睡眠がとれたと言っています。

今は赤ちゃんと一緒に心地よく寝る時間が増えたと喜んでいます。

詳しくはこちらから↓

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

おすすめの関連記事

合わせてこちらの記事も読んでみてください↓

産後の骨盤矯正のその後〜おすすめ抱っこ紐napnap〜

産後の骨盤矯正は3ヶ月までにやっておくべきです

記事の感想、商品の感想などコメントいただけたら嬉しいです。

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。