驚異の右脳教育!あなたの赤ちゃんも天才児に育てる教育法とは?

こんにちは。もねぞうです。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

今日は脳科学についてのお勉強です。

人間の脳にはまだまだ知られていないこともあるんですね。

そんな脳を科学した子育て法があるので見ていきましょう!

人間の脳は「右脳」と「左脳」に分かれています!

あなたは人間の脳には「右脳「左脳」があるのを知っていましたか?

聞いたことがあるけど具体的にはよく分からないという人も多いと思います。

実は、この「脳」の使い方次第で、「天才児」が育つということを知っていましたか?

そもそもその「天才児」っていう言葉自体曖昧ですよね。

「天才」ってどういう人のことを言うのでしょう?

「天才」という言葉について辞書で調べてみました!

天才とは、高い知能を有する人。

この定義は偉業の可能性の面を重視するもので,(1)L.M.ターマンは知能指数IQ 140以上の者を天才とした。 (2) 実際の業績で示される高い創造的能力を有する人。

簡単にいうと、飛び抜けて頭が良い人のことを天才ていうんですね。

「子供」は誰でも「天才」になれる可能性を秘めているんですよね。

このブログのタイトルにあるように、子供は無限の可能性を秘めています。

赤ちゃんのうちはなんでも吸収してしまう「天才」なんです。

育つ環境、親の教育などによって子供は変わっていきます。

そして天才の定義(2)の高い想像的能力を有する人は実は右脳を活性化している人なんですね。

右脳と左脳の働きの違いとは?

人間の脳は3歳までに80%、6歳までに90%、12歳までには100%出来上がるといわれています。

詳しくはこちらの記事を読んでみて下さい。↓

知っていましたか?実は3歳までに子供の脳の80%は完成します

そして脳は右脳と左脳に分かれそれぞれ違う働きをするという話をしていきます。

左脳の働きは論理的に分析、解析をおこないます!

左脳は思考や論理を司る脳と言われています。

簡単に言えば左脳はパソコンのCPUのような働きをします。

プログラムを利用して、文字や数字を論理的に分析するような働きをします。

記録を留めるよりも分析、解析を得意としています。

この為記憶を留めることは出来ないので、左脳を使って勉強してもすぐに忘れてしまいます。

一夜漬けで勉強したことを一週間後には完全に忘れていますよね?

右脳の働きは大量のデータを超高速で記憶保存出来ます!

右脳は一言でいうと「五感を通じた感覚、感性」を取り扱います。

右脳の記憶容量は左脳に比べてかなり大きいです。

大量の映像情報や音楽情報を、データとして記憶する事が出来ます。

特に視覚における画像、映像などのイメージ情報の認識は「高速で精度が高い」です。

0歳から3歳の時は右脳が優位に働くといわれています。

毎日習慣にしていることは体が勝手に動いたりしていますよね?

大人と子どもの違いは右脳と左脳の働きにあります。

右脳は「イメージ」、「直感力」、「視覚記憶」、「無意識下」などを司ります。

左脳は「理論」、「言語理解」、「学習記憶」、「意識下」を司ります。

0歳から3歳までの間はなんと右脳が優位に働いています。

大人が左脳で意識してコツコツ学習し、論理的に理解して習得する事に対して、乳幼児は右脳で無意識で直感的にイメージで言語を捉えています。

子どもから大人になるに連れて脳は右脳から左脳優位に働くようになるといわれています。

3歳までは言語能力はあまり発達してないので、物事を理屈で考えたり出来ません。

その代わりに「直感」や「閃き」、「瞬間記憶」の能力は極めて高いのです。

だから3歳までにいろいろな刺激を与え、言葉かけ、いろいろなものを見せる、絵本の読み聞かせで想像力をつけることが大事です。

そして、英語も右脳を使って3歳までに触れさせるとすごく効果的に英語を身につけます。



英語の学習も0歳からすると効果的なんです

赤ちゃんは無意識のうちに言語を学習していきます。

日本で生まれ育った子は、知らずのうちに日本語をはなします。

アメリカで生まれ育った子は、知らずのうちに英語をはなします。

中国で生まれ育った子は、知らずのうちに中国語をはなします。

それは「右脳」というところで大容量の記憶をインプットしていった結果なんですね。

右脳を活用した英語教材を知っていますか?

右脳を活性化させて英語を話せるようになる?七田式英語教材とは

右脳教育の第一人者といえば、七田眞さんです。

全国に七田式教育を広め、赤ちゃんからの右脳教育を実践して、多数の天才児を輩出しています。

その七田式英語教材7プラスバイリンガルですが別の記事にて詳しく書いていますのでみて下さいね。↓

短期間で英語を話せるようになる!七田式英語教材とは?

子供をバイリンガルに!七田式+7BILINGUALの魅力を紹介します

たった35日でうちの子が英語を話した!楽天4部門1位の英会話!<七田式>

あの七田式学習法がご家庭でできる!【 はっぴぃタイム 】

七田チャイルドアカデミーHPはこちら!

お勧めの関連記事

↓こちらの記事も合わせて読んでみてください

3歳までに体験する、五感を刺激すると頭のいい子に育ちます

 

子育ては親からの言葉と愛情で100%変わります

 

赤ちゃんのうちに始めよう!早期教育のすすめ!

生まれたばかりの赤ちゃんの「潜在意識の働き」はものすごいものを持っています。

この潜在意識的学習で生後間もない頃に、性格、才能、行動の基本的母型を作っています。

赤ちゃんはまず周りで話される自分では理解できない言葉を音としてしっかり記憶しています。

やがて成長して言葉がわかるようになると、潜在意識は赤ちゃん時代に取り入れた言葉を理解します。

それを自分の行動の原因にしたり才能の原因にしたりします。

幼児教育は知識を学ばせることではなく、それを受け入れることができる回線網を作り上げることが目的です。

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

赤ちゃんの発達はめまぐるしく成長していきます。

注目!赤ちゃんの潜在意識を活用した教材とは!

赤ちゃんの発達に合わせて知育、言葉、運動などを効果的に教育できるプログラムがあるんです。

赤ちゃんの潜在意識を活用したプログラム、赤ちゃんの発達あそび100は幼児教育に必要な項目を全て網羅したダウンロードの教材です。

幼児教室の1ヶ月分の費用でダウンロードできるので是非ご家庭でお試しください!

 

詳しくはこちらをどうぞ見てください。↓

知育・運動・情緒をバランスよく育てる「0歳赤ちゃんの発達あそび100」

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。