努力しなくても英語力が高まる!記憶力が伸びるたった一つの勉強法とは?

こんにちは。

いつもご愛読いただきありがとうございます。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

私は先日から英語の勉強を学生時代以来始めています。

こちらの教材で始めました。↓

たった60日で英語が話せる!?<七田式>

何故かというと、これからの時代には必ず「語学力」特に英語は必要になってくるからです。

私は外国人に話しかけられて思わず会話できなかったってことがよくあるんです。

とっさに英語が出てこなくて恥ずかしい思いをしました。

こんなことありますよね?

それと、子供が成長するにつれて英語学習もさらに高度になってくるでしょう。

子供が英語学習についてこれるようになるには親もある程度の英語の能力が必要になって来ると思います。

子供の英語学習のためにも親も勉強する時代がきました。

でも、歳をとると若い時みたいに頭に入ってこないですよね。

特に英語は勉強したからすぐに話せるようになりません。

でも、ある方法で簡単に話せるようになります。

特に大人よりも子供のほうが抜群に効果があります。

今日はその方法を書いていきますね。



努力しなくても英語力が高まるって本当?

あなたはこんな話を聞いたことがありますか?

「数学などの科目は時間をとってまとめて勉強するほうが良くて、英語は毎日少しずつ勉強する方が良いんだよ。」

「え?そんなの聞いたことないよ!」という人もいるかもしれません。

どういうことか説明すると、数学というのは論理的な問題が多いですよね。

じっくり頭で考えて回答を見つけ出す勉強ですよね。

一方、英語はまとめて勉強してもすぐに身につきませんね。

一夜漬けで勉強しても英語は話せるようになりませんよね。

英語は毎日少しずつ勉強する方が効率的なんです。

ではどうしてそうなるのでしょうか?

それは人間の脳の仕組みに答えがあるんです。

たった60日で英語が話せる!?<七田式>


【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>

おすすめの関連記事

あなたの子供の記憶力が驚異的にのびる!そのたった一つの秘密とは?

記憶を定着させるレミニセンス効果を理解しよう!

あなたはこんな経験なかったですか?

  • 昨日まではうろ覚えだったことが、一晩寝てなぜかすらすらと思い出せるようになった。
  • 何回やってもうまくいかなかったことが、次の日になるとできるようになっていた。
  • 昨日まで嫌なことでイライラしていたのに、一晩寝たらすっきりとした気持ちになっていた。

実はこれ、難しい言葉で言うと「レミニセンス効果」というものなんです。

「レミニセンス効果?何それ?初めて聞くよ。」っていう人もいると思います。

レミニセンス効果とは、情報を記憶した直後より一定時間経ってからの方が記憶をよく思い出せるという効果のことなんです。

まずレミニセンス効果を理解する前に脳の情報処理について見ていきます。

人間の脳は自分が生きていくために必要な情報かどうかを寝ている時に取捨選択をするといわれます。

寝ている間に不要な情報は排除して、必要な情報は長期記憶として書き換えることをしているんですね。

人間の脳は情報整理の過程に時間がかかるので、覚えた直後より少し時間が経ってからの方が思い出しやすいという特徴があります。

一晩寝たら前日までの嫌なことをすっきり忘れたり、寝る前に勉強したことを次の日にはしっかりと思い出したりするのはそのためなんですね。

英語の勉強や暗記など、レミニセンス効果をうまく利用して勉強すると驚くほど効果的なんですね。

おすすめの関連記事

集中力や記憶力がアップする!小学校での音読はどういう効果がある?



英語力や記憶力をつけるためにする学習法とはどんなもの?

レミニセンス効果についてはわかったけど、どのように英語や暗記の勉強すれば効果的なんでしょうか?

どのタイミングで勉強すれば効果的なんでしょう?

実は、あなたは驚くかもしれませんが、努力せずに記憶力を高めるには、寝る直前に勉強することが一番効果的なんです。

寝る何時間も前より、寝る直前に脳にインプットしたことは睡眠中に再生され記憶力アップにつながるんです。

あなたの子供には寝る前にテレビを見るより、英語や暗記の問題をやってみたり、読書をすることを勧めてみてはどうでしょう?

必要な情報を睡眠の直前に入れることで脳が情報を自動的に強化してくれるんです!

睡眠中は脳はどんな働きをしてくれるの?

寝てる間に学習してくれるなんて人間の脳って素晴らしいんですね!

これまで必死になって受験勉強で徹夜してたのに、暗記に関しては無駄な努力をしなくて済むようになるんですね。

でも寝てる間にどのようにして脳は学習するんでしょう?

それは睡眠のメカニズムに秘密が隠されていました!

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があり睡眠中はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。

レム睡眠時には新しい記憶をすでにある記憶とを関連づけて次回記憶を思い出すことをスムーズにできるように索引をつける作業をしてくれます。

ノンレム睡眠時には、過去の嫌な記憶を消去する働きがあります。

寝ている間に様々な記憶が整理されるため学習内容を思い出しやすくなるということです。

英語や暗記の学習についてのまとめ

  • 英語や暗記の学習をするにはまとめて勉強するより毎日少しずつ勉強する方がいい
  • レミニセンス効果を利用して勉強すると驚くほど効果的に身につきます。
  • 寝る何時間前に勉強するより、寝る直前に勉強するとなお効果的!
  • 睡眠中に記憶が整理されるので努力しなくても記憶力が高まります。

あなたも子供と一緒に実践してみると良いでしょう!

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

おすすめの関連記事

こころの知能指数「EQ」を伸ばす!最先端の子育て法とは?

天才的な吸収力を発揮!3歳までに子供の脳の80%は出来上がります

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加

応援よろしくお願いします!↓

 
人気ブログランキング 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村





 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください