初めての七五三詣り!その由来と意味とは何でしょう?

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

11月15日は「七五三の日」なのをご存知でしたか?

最近では11月は神社が予約で混み合ったり、写真スタジオが混み合ったりするので9月や10月で七五三詣りをする家庭もあるそうです。

我が家の長男くんの5歳の時も11月15日は混んでいたので最初の週に前倒しでやっていました。

そもそも「七五三」ってどういうものなのか、なんで神社にお詣りするのか、なんで11月15日にするのか疑問に思ったことありませんか?

今回は七五三について由来や意味を見ていきたいと思います。

知っていましたか!「七五三」の由来とはどんなもの?

七五三は子供の成長と幸せを願う意味を込めた祝い事というのは知っていますよね。

ではいつからこういう風習が始まったのでしょう?

起源は平安時代まで遡ります。江戸時代には武家社会を中心に関東から全国に広まったと言われています。

当時は乳幼児の死亡率が高く、生まれてから3〜4年経ってから現在の戸籍に当たる「人別帳」や「氏子台帳」に登録したと言われています。

そのため「七五三」のお祝いは、今まで無事に成長したことへの感謝と、幼児から少年少女期への節目にこれからの将来と長寿を願う意味を持っていたと言われています。

子供の成長と幸せを願い、神様にお祈りと感謝をするお祝いとして普及して、明治時代に現在の形になったと言われています。





七五三の意味とは?何で3歳・5歳・7歳に行うのでしょうか?

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお祝いをしますよね。

あなたはそれぞれの年齢にする意味があるのを知っていましたか?

それぞれの年齢で次のように祝い事が違うんです。

  • 3歳では男女共髪を伸ばし始める「髪置」(かみおき)という儀式。
  • 5歳では男の衣服である袴を着る「袴着」(はかまぎ)という儀式。
  • 7歳では女の子の着物帯の装い始め「帯解」(おびとき)という儀式。

3歳で行う「髪置の儀」とは?

平安時代は男女共の生後7日目で産毛を剃り、3歳までは坊主頭が普通でした。

3歳から子供は髪を伸ばすことができるようになったと言われ、そのための儀式が「髪置の儀」と言われています。

5歳で行う「袴着の儀」とは?

平安時代の風習でこの年齢の頃に初めて袴をつける儀式を行っていました。

江戸時代になって男児が初めて袴をつける儀式を5歳で行うようになりそれが定着したと言われています。

7歳で行う「帯解の儀」とは?

始まりは室町時代と言われています。子供の着物に紐をつけていましたが、この紐をとって大人と同じ着物や帯を結ぶようになる儀式を「帯解の儀」というようになりました。

当初は7歳の男女が行っていましたが、江戸時代から女児7歳、男児5歳と定められその後現在のような形になっています。





「七五三」はどうして11月15日に行うようになったのでしょう?

七五三の由来や意味はだいたいわかりましたよね?

では何で11月15日に行うようになったのでしょう。諸説が3つあるみたいです。

その1、徳松の3歳の「髪置の儀の日」

江戸時代の五代将軍徳川綱吉の子、徳松の3歳の儀を行ったのが11月15日であったという説。

その2、「鬼宿日」という最良の日

中国から伝えられた「二十八宿」(にじゅうはっしゅく)という暦をもとに、11月15日が「鬼宿日」(きしゅくにち)に当たる。

万事進むに最良の日であったことからこの日が選ばれたとされる説。

その3、収穫祭と満月の日

11月の頃、農作業がひと段落して1年の収穫を祝う「収穫祭」を11月の満月の日に行う習慣がありました。

氏神への収穫の感謝を兼ねて執りおこなうようになったという説。

現在では家庭の都合や、神社の混み具合などで11月15日にこだわらずに行うようになりました。

七五三詣りはどこで行うのがいいのでしょう?

七五三はどこの神社へ行けばいいのでしょうか?

本来なら、お宮参りと同じくその土地の神社、つまり「近所の神社」に行くことがしきたりとして残っています。

しかし、現在では神社に神職の方が常にいるとは限りませんよね。

近年ではお宮参りをした神社などでご祈祷をしてもらえる大きい神社へ行く方が多いようです。

また大きい神社へ行く場合は11月には混み合うことが予想されるので時期を外して七五三詣りをするところも多いようです。

近年では写真スタジオで撮影して、レンタルの着物や袴でそのまま近所の神社でお参りをするというスタイルが一般的になってきているようですね。

どうして七五三で「千歳飴」をくれるのですか?

私の子供の頃も「千歳飴」もらいました。あなたの子供の頃ももらった記憶ありますよね?

千歳飴とは、江戸時代に子供の健やかな成長と長寿の願いを込め「長く伸びる」という縁起にあやかって、おめでたい紅白の長い棒飴が作られたと言われています。

袋には「寿」の文字や「松竹梅」「鶴は千年、亀は万年」という縁起のいい絵柄が描かれているものも多くあります。

この千歳飴はお福分けとして歳の数だけ袋に入れ親戚やご近所に配る習慣があります。

近年で言うと、おじいちゃん・おばあちゃんや「ママ友」と飴をあげ合ったりして、日頃から子供を見守ってくれている人たちへの感謝を表すいい機会になっているようですね。

「七五三」についてのまとめ

  • 七五三はもともと子供の成長と幸せを願って行われていた。
  • 3歳では「髪置の儀」、5歳では「袴着の儀」、7歳では「帯解の儀」とそれぞれの意味がある。
  • 11月15日に行うのは、徳松の「髪置の儀」の日、「鬼宿日」、「収穫祭と満月」と諸説に分かれる。
  • 「七五三」は近所の土地の神様がいる神社へお参りすることが習わしになっている。
  • 千歳飴は「長く伸びる」という縁起にあやかって作られたもの。お福分けとして祖父母やご近所にも分けましょう。

せっかくのお子さんのお祝いなので、いい日取りを選んでお祝いしたいものですね!

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

おすすめの関連記事

赤ちゃんの初めての祝い事!お宮参りを徹底解説します!

七夕はどんな日なの?由来と七夕飾りの意味とは何でしょう?

こどもの日に飾りたい「鯉のぼり」と「五月人形」

お食い初め〜生後100日目の赤ちゃんのお祝い〜

 

 

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。