ハロウィンとはどんなお祭り?ハロウィンに読み聞かせてあげたい絵本とは

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

10月になり街の中はハロウィン一色ですね。

どこに行っても「かぼちゃ」「おばけ」「魔女」「こうもり」などハロウィンの飾り付けがされていますよね。

でもハロウィンって私たちが子どもの頃ってなかったですよねー?

ここ何年かのうちにハロウィンが日本中に広まってしまいましたね。

そもそも何で広まったのでしょうか?

それはクリスマスやバレンタインと同じ「お菓子業界の策略」って言ってしまったら夢がないですよね。

子どもに説明するときはやはり正しい知識を教えてあげた方がいいですよね。

それでは今日はそのハロウィンの由来や意味について、子どもに読み聞かせてあげたいハロウィンの絵本について書いていきたいと思います。




ハロウィンの由来って何でしょうか?

ハロウィンって一体何のお祭り?

以外と知らない人が多いんですよね。

何でかぼちゃを飾るの?何で仮装するの?

今更聞けないことが多いですよね。子どもに聞かれても恥ずかしくないように説明してあげましょう!

ハロウィンはもともと、古代ケルト人の収穫のお祝いから始まったと言われています。

収穫が終わると暗い冬が始まります。そのときには怖い魔女や悪霊が訪れやすくなると当時の人たちは信じていたので、魔女や悪霊たちを追い払うための大切なお祭りでもあったのです。

ケルト人たちの信仰では10月31日に死者の霊が帰ってくると信じられていました。

幽霊だけではなく、悪霊や魔女たちも一緒になって街に集まってきます。日本のお盆と同じように死者の霊が戻ってくると言われる期間でもあります。

やがてケルト人たちは古代ローマ人に征服されてしまいます。

その後キリスト教徒のよって11月1日の「諸聖人の日」(All Hallows Day)となり、その前夜祭がAll Hallows Eveとなり、それが短縮され現代ではHalloweenとして知られるようになりました。

ハロウィンでは何で仮装をするのでしょう?

古代ケルト人は、仮面を被って魔女や悪霊から身を守りそして追い払っていたことが始まりと言われています。

もともとは魔女や幽霊など怖いコスチュームが主流ですよね。しかし宗教的な意味合いが薄れてしまった現代では明るい楽しいイベントとして知られ「Happy Hallween」と挨拶をするようになりました。

Trick or Treat(お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ!)の意味とは?

16世紀のスコットランドやアイルランドでは子供たちが仮装をして、家々を訪れて歌を歌ったり祈りを捧げたりして、代わりにケーキをもらっていたのが現代の「トリック・オア・トリート」の始まりだと言われています。

彼らを歓迎して食べ物をあげた家には幸運が訪れ、反対に歓迎をしなかった家には不幸が訪れたと言われています。

現代の「トリック・オア・トリート」(お菓子をくれなかった家にはいたずらをする)といった習わしもここから来たのでしょう。

ハロウィンカップケーキ 6個セット【Halloween スイーツ お菓子 パンプキン こうもり 魔女 おばけ パーティー 女子会 インスタ映え プレゼント 数量限定 イベント】

ハロウィンに登場するキャラクターやアイテムは?その由来や意味とは?

パンプキン

16世紀のスコットランドやアイルランドで、当時の子供達が仮装をして家々を訪れていた時に持ち歩いていたのが、大きなカブの中身をくりぬいたランタンでした。

その後ハロウィンの文化がアメリカに渡り、カブの代わりにカボチャになったと言われます。

カボチャの中をくりぬき、目、口、鼻を切り抜いて中にキャンドルを入れたカボチャは「Jack O’Lantern」(ジャック・オー・ランタン)と呼ばれ、今ではハロウィンのシンボルになっていますよね。

魔女

昔は魔女は最も恐れられていたものなんです。

ハロウィンは魔女たちの魔力のピークの時期と思われていたと言われます。

そんな恐ろしい魔女から身を守るために、ケルト人たちは仮面をかぶる他に自分たちも魔女を装って同じ仲間だと思わせていたと言われています。

黒い猫

昔、独身女性は皆魔女として怪しまれた頃があったと言われています。

そして多くの独身女性が猫を飼っていたと言われています。猫と魔女の関連性はそこから来たようです。

黒は冬の暗闇を表すので、黒い猫はどうしても縁起の悪いイメージを持たれてしまったそうです。

骸骨やドクロ

生命と死の境が微妙になるのがハロウィン。骸骨はかつての人たちを表します。

おばけ

ハロウィンは死者のお祭りとも呼ばれていました。

この時期に戻っていきたご先祖様のイメージがおばけとしてこのようになったのでしょうか。

西洋のおばけは日本の幽霊とはまたちがう姿をしていますよね。

クモ・クモの巣

西洋ではクモは一般的に恐いイメージを持っています。

暗い場所が大好きで、空き家と言ったらクモの巣だらけと言ったイメージがありますよね。

空き家=お化け屋敷といったイメージから、クモやクモの巣はハロウィンのシンボルの一つになったのではないでしょうか。

コウモリ

昔の話ですがハロウィンの夜には大きな焚き火をたくのが習慣でした。

仮面と同じように焚き火も悪霊を追い払うために炊いていたと言われます。

焚き火には虫が自然と集まるので、その虫を食べるためにコウモリも集まったことからコウモリもハロウィンのシンボルの一つになったと言われています。




ハロウィンに読み聞かせてあげたい絵本を紹介します

ここまでハロウィンの由来と意味について書いていきました。

子供にも教えてあげたいけど、なかなか教えるのって難しいですよね?

昔話を語るのってなかなか知識がないとできないですよね。

そんな人のために読み聞かせてあげるだけでハロウィンのことがわかる絵本などを紹介します。

1、ハロウィーンってなぁに?

作  クリステル・デモワノー  訳  中島さおり (主婦の友社)

魔女のピピがおばあちゃんに聞く初めてのハロウィーンのお話。

物語を読むだけでその由来から楽しみ方までわかります。

「ハロウィンってなぁに?」という知りたがりの子供達と、ハロウィーンを楽しみたい大人たちのための可愛くて、楽しくて、分かりやすい絵本です。

2、おおきなかぼちゃ

作 エリカ・シルバーマン 画 S.D.シンドラー (主婦の友初めてブック)

今夜はハロウィン。魔女はパンプキンパイを作りたいのですが、かぼちゃは大きくてビクとも動きません。

ゴーストや吸血鬼、ミイラ男もやってきて手伝いますが動きません。

最後に現れた1匹の小さなコウモリ。

こんな小さいコウモリが訳に立つのかと笑われても賢いコウモリには考えがありました。

日本でも有名なロシア民話「大きなかぶ」を彷彿とさせるエリカ・シルバーマンのリズミカルな文章。

怖い魔女、ゴーストや吸血鬼たちをユーモラスに描いたシンドラーの魅力的なイラスト世界が魅力の絵本です。

3、ハロウィンのかくれんぼ

作 いしかわ こうじ これなぁにかたぬき絵本スペシャル(ポプラ社)

ページをめくると、隠れていた形が現れて子供達の想像力を刺激します!

まだ小さい子にはこちらがおすすめです!

ハロウィンをテーマとした本作は子供達が大好きなおばけや魔女、ジャック・オー・ランタンのカボチャに、お菓子などハロウィンにちなんだものがたくさん登場します。

「何かな何かな?」と問いかけながら親子で楽しめる絵本です!

誕生日のプレゼントにも最適な絵本です。

絵本の購入はこちらからどうぞ!↓

絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

 

ハロウィンが過ぎれば11月ですね。

11月といえば「七五三」ですね。まだ「七五三」はしていない人、今年する予定の人もいると思います。

こちらの記事に「七五三」について詳しく書いていますので読んでみてください。↓

初めての七五三詣り!その由来と意味とは何でしょう?

おすすめの関連記事

合わせてこちらの記事も読んでみてください。↓


0歳から1歳に読み聞かせてあげたい、おすすめの絵本 4選

1歳から2歳に読み聞かせてあげたい、おすすめの絵本 4選

2歳から3歳に読み聞かせてあげたい、おすすめの絵本 4選

3歳から4歳に読み聞かせてあげたい、おすすめの絵本 4選

4歳から5歳に読み聞かせてあげたい、おすすめの絵本 4選

5歳から6歳に読み聞かせてあげたい、おすすめの絵本 4選

*記事の感想や商品の感想などコメントいただけたら嬉しいです。

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。↓

友だち追加



ブロトピ:子育て情報発信♪はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。