ストライダー?バランスバイク?三輪車?子供の最初の乗り物はどれを選ぶべき?

こんにちは。

今日も子育ての情報をかいていきますね。

ウチの次男くんも1歳になり最近外で遊べるようになりました。

公園でも一人である程度歩けるようになってきたので、そろそろ抱っこ紐、ベビーカーも卒業になってしまいます。

そこで、長男くんが乗っていた「三輪車」を乗せるようになりました。

でもお下がりなのか最初は楽しく乗っていたのに、すぐに飽きて足を引きずってしまいます。

あまり三輪車は好きではないみたいで、性格的にはバランスバイク(ストライダー)の方が合っているのかなと思います。

長男くんの時は三輪車を買うか、バランスバイク(ストライダー)を買うか迷ったのですが、三輪車の安定感が好きで三輪車を買いました。

初めて子供の乗り物を選ぶ時、三輪車にするか、バランスバイクにするか迷いますよね?

今回はそれぞれの特徴と、メリット、デメリットと実際に三輪車を使ってみてどうだったかをみていきたいと思います。



脚力重視、バランス感覚も鍛えるなら三輪車がおすすめ!

まずは三輪車ですが、私の子供の頃は初めての乗り物といえば三輪車しかありませんでした。

でも今はバランスバイクストライダーもあって、初めての乗り物の選択肢は増えましたよね。

それでも街を見ると三輪車に乗っている子もまだまだいます。

では、「三輪車のメリット」とは何でしょうか?

脚力を鍛えるなら三輪車がおすすめ!

三輪車はペダルを漕ぐ時に太ももの前の筋肉を使うので足の筋肉がしっかりと付くようになります。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。↓

バランス感覚と脚力を鍛えたい!おすすめの幼児の三輪車!

次に「三輪車のデメリット」とは何でしょう?

私のウチの三輪車はアイデスカーゴを使っていますが、サンシェード付きでカゴ付きなのでスペースをかなり使うんですね。

こちらの三輪車です。↓

家が広いと気にならないのですが、ベビーカーみたいに折り畳みできないし、バランスバイクみたいに手軽に運べないので出かける時は大変です。

また使う期間は1歳から3歳くらいまでで、それ以降は自転車に乗るようになるので意外と短いんですね。

補助輪なしで自転車に早く乗りたい子は「ストライダー」がおすすめ!

次にバランスバイクの代表格といえば、ストライダーですよね!

ここ数年でヒットして、年々乗っている子も多くなっています。

今やストライダーの大会まであるようにメジャーな乗り物になってしまいました!

でも、ストライダーと似たようなバランスバイクっていっぱいありますよね。

バランスバイク(キックバイク)の違いについてはこちらの記事に詳しく書いてますので読んでみてください。↓

5歳には自転車に乗れる!ストライダーとキックバイク徹底比較

実は長男くんはまだ自転車は補助輪なしでは乗れないので、次男くんにはストライダーを買ってあげて早く自転車に乗れるようにしようと思っています。

ストライダーのメリットとは何でしょう?

ストライダーはとにかく軽くて手軽に運べるところがいいですね。

また、場所を取らないので玄関に置いてても圧迫感がないですね。

また2歳子供が持ち運びできるので1人で練習も出来ちゃいますね。

ストライダーのデメリットとは何でしょう?

ストライダーは軽くて手軽にな反面、公道や狭い公園では遊べないですね。

また足が着くが転倒しやすいので、ヘルメットの着用は必ずいります。

ストライダーにはクラシックモデルとスポーツモデルがあります!

こちらがクラシックモデル

クラシックモデルはシンプルで軽いストライダーの原点を忠実に再現し、一切の無駄を省いた発売当初からの飽きのこないデザインのモデルです。

重さは2歳児でも持てる2、9キロ

価格は 税抜き 10900円

色は、グリーン、レッド、ブルー、ピンクの4色を選べます!

ストライダーのスポーツモデルはどこが違うの?

こちらがスポーツモデルです。↓

より快適に!より安全に!より長く遊べるをコンセプトに開発されたスポーツモデル。

クラシックモデルとの違いは、転倒時に衝撃を和らげるハンドルバーパットと子供が成長しても合わせられるシートポストが付いています。

グリップも小さな子でも握りやすくフィット感のあるラバー素材になっています。

重さは2歳児でも持てる 3キロ

価格は 税抜き13500円

色は、グリーン、レッド、ブルー、ピンク、オレンジ、イエロー、ブラックの7色を選べます!

グリップ・ハンドル・シートの性能やカラーの選択肢が多いスポーツモデルを次男くんには買ってあげたいと思っています!

ストライダージャパンの公式オンラインショップはこちらから↓

サイクルショップあさひの「バランスバイク」キッカーアバンスはリーズナブル!

ストライダーはブレーキやペダルを省いてシンプルに乗れるように設計された乗り物なんです。

自転車ショップあさひの「キッカーアバンス」は止まる時はブレーキで止まれるようにブレーキがついたバランスバイクです。

キッカーアバンスの特徴はゴム製のエアタイヤと軽い力で弾けるブレーキです。スムーズに自転車に乗れるようになるための工夫が施されていますね。

重さ 5、4キロ ブレーキやエアタイヤの分重くなっています

価格は 税込 9980円

サイクルショップあさひのオンラインストアでも購入できます!↓



30分で自転車に乗れるへんしんバイクに新モデルで2歳から乗れるように!

へんしんバイクについてはこちらの記事を読んでみてください。↓

わずか30分で自転車に乗れる!噂のへんしんバイクを徹底検証!

あのへんしんバイクが2歳から乗れるへんしんバイクSが新しく登場しました。

詳しくはこちらをクリック

へんしんバイクSは2歳から乗れるように設計されたモデルで従来の返信バイクより一回り小さく、軽くなりました。

重さは ペダル装着時で6、8キロ サドルの高さを37、5cm→32cmまで低くしました。

色は、ブルー、レッド、ピンクの3色選べます。

価格は 税抜き 14800円

最初の自転車(補助輪あり)を買う必要がなくなるのでへんしんバイクも財布には優しいようですね。

子供の最初の乗り物についてのまとめ

子供の最初の乗り物も色々選択肢が増えました。

正直どれが良くてどれがイマイチなのかはわかりません。どれを買うにしてもメリットとデメリットってありますよね。

うちではまず一度子供に乗ってもらって買っていいのか、嫌なのかを決めるようにしています。

子供は好きなものにはすごく時間や情熱をかけたりするものなのでその子に合った乗り物を買ってあげることをお勧めします!

本日もお読みいただきありがとうございます。

おすすめの関連記事

パパも必見!子供の自転車の練習のコツとは?

5歳のうちに補助輪なしで自転車に乗れる方法とは?

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください