ひな祭りの由来とは?ひな人形や桃の花はどうして飾るの?

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

5月5日は「こどもの日」ですよね。

こどもの日はもともと「端午の節句」といわれて、男の子の健康と成長を願ったお祝い事なんですね。

詳しくはこちらの記事を読んでみて下さい。↓

こどもの日に飾りたい!こいのぼりと五月人形

では女の子のお祝いはといえば、「ひな祭り」ですよね。

ひな祭りといえば3月3日です。知らない人はいないですよね?でもなんで3月3日なんでしょう?あなたの子供に聞かれても答えられないとカッコ悪いですよね。

今回は3月3日のひな祭りについて、その由来と雛人形について書いていきたいと思います。



ひな祭りの由来はどこから?

明かりをつけましょぼんぼりに〜♫お花をあげましょ桃の花〜♫

あなたも子供の頃に歌いましたよね。

桃の花の時期の節句なのでひな祭りのことを「桃の節句」とも言います。

そもそも「節句」とは何?疑問に思った人のために解説しておきますね。

節句とは1年に5つある「五節句」のことを言います。

「五節句」の節は季節の変わり目のことを言います。

もともと「節句」とは季節の節目に五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄などを祈り神様にお供えものをしたり、邪気を払ったりする行事のことを言います。

五節句とはいつのことを言うの?

●1月7日 人日(じんじつ)の節句

別名「七草の節句」とも言います。七草がゆを食べて1年の豊作と、無病息災を願います。

●3月3日 上巳(じょうし)の節句

別名「桃の節句」とも言います。お雛祭りの日で、女の子の誕生と成長を祝う日です。

●5月5日 端午(たんご)の節句

別名「菖蒲(しょうぶ)の節句」です。子供の日で男の子の誕生と成長を祝う日です。

こどもの日に飾りたい「鯉のぼり」と「五月人形」

●7月7日 七夕(しちせき)の節句

別名「笹の節句」です。短冊に願いを込めて笹に飾ると願いが叶うと言われています。

七夕はどんな日なの?由来と七夕飾りの意味とは何でしょう?

●9月9日 重陽(ちょうよう)の節句

別名「菊の節句」です。一般的には馴染みはないが、宮中や寺院では菊を鑑賞する行事が行われています。



ひな祭りの由来、「上巳(じょうし)の節句」はどんな意味を持つ?

ひな祭りの由来である「上巳の節句」とはもともと3月上旬の巳の日に、草や藁で作った人形(ひとがた)で自分の体を撫でて穢れを移しそれを川に流すことで厄払いや邪気払いを行う風習がありました。

また一方で貴族階級の女の子の間では、紙の人形を使った遊びが流行っていました。

今でいう所の「おままごと」遊びのようなものです。

この遊びを「ひいな遊び」といい、この「ひいな遊び」と川に流す人形(ひとがた)が結びついて「流し雛」になったと言われます。

さらに江戸時代になると、人形作りの技術が向上したことで川に流すのでなく家で飾るように変化していきます。

ひな祭りの元となっている「上巳の節句」では特に女の子の日というわけではなく男女共通の行事として厄払いや邪気払いが行われていました。

江戸時代になると、日付が変動していた「上巳の節句」を3月3日と定めて、ひな人形を飾ることからこの日を女の子の人決めたと言われます。

こうして「ひな祭り」は単なるお祭りではなく、女の子の健やかな成長や幸せを願い日へと変化して、現在のひな祭りの形になったと言われます。

ひな人形を飾る意味は?桃の花を飾る意味は?

ひな祭りにひな人形を飾ることは、昔の人形(ひとがた)や流し雛の風習の通り、お雛様に女の子の穢れを移し厄災を身代わりに引き受けてもらうためなんです。

厄除けなので、一夜飾りは避けるべきで、遅くとも2月の中旬くらいまでには飾らないといけないと言われています。

そして「桃の花」はもともと「魔除け」「長寿」のパワーがあるとされていました。

中国では「上巳の節句」には桃の花を愛で、桃の花をつけたお酒を飲み、桃の葉が入ったお風呂に入って邪気払いを行っていました。

そして旧暦の3月3日は桃の花が咲く頃だったので、ひな祭りに桃の花が飾られるようになったのです。

ひな人形の飾る時期は?いつまで飾るの?

ひな人形の飾る時期についてですが、実は明確にこの日という決まりはありません。

一般的には立春(節分の日の翌日)から2月中旬までに飾るのが良いとされています。

大安の日に飾るというところもあるみたいですが日柄についてはきにすることはないみたいです。

少なくともひな祭りの一週間前には飾終わっているようにする方がいいみたいですね。



ひな祭りについてのまとめ

ひな祭りの由来は五節句の一つである「上巳の節句」に行われていた、人形(ひとがた)で穢れを移しそれを川に流す風習が元となり、人形を飾るようになり現在のような形になりました。

それから江戸時代には女の子の健やかな成長を健康を願った日に変化していきます。

桃の花は「魔除け」や「邪気払い」のパワーがあるため、旧暦3月3日の日に飾るようになりました。

本日もお読みいただきありがとうございます。

おすすめの関連記事

初めての七五三詣り!その由来と意味とは何でしょう?

赤ちゃんの初めての祝い事!お宮参りを徹底解説します

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加

応援よろしくお願いします!↓

 
人気ブログランキング 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください