これで赤ちゃんも元気に育つ!妊娠、授乳中のおすすめサプリとは?

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

妊娠中や授乳中は栄養がほとんど赤ちゃんに行ってしまいます。

ママも元気に子育てして欲しいですよね。

今回は妊娠・授乳中のママのためにおすすめのサプリを紹介していきたいと思います。





子育てはすでに妊娠中から始まっています!

今日は胎児のうちから栄養をいっぱい摂ると頭の良い子、身体の丈夫な子に育つという話をします。

妊娠中の人、授乳中のママさんはこれから書くことは重要なので、よくみておいたほうがいいですよ!

妊娠中に必要な栄養素とは?

あなたは妊娠中や授乳中なら必要な栄養素は何が必要なのか知ってますか?

赤ちゃんが頭が良くなり、丈夫な身体に育つのに必要な栄養素は特に重要なものは4つあります。

それは、「葉酸」、「亜鉛」、「鉄分」、「カルシウム」なのです。

特に妊娠中は、普通の人より「1.5倍から2倍」の量を摂取しないといけないのです。

それでは一つ一つの栄養素について、赤ちゃんにとってどのように重要で、食事では何を摂取したらいいのかみていきましょう。

1、葉酸は何故必要なの?何を摂取したらいいの?

葉酸は、ほうれん草やブロッコリーなどの「緑黄色野菜」に多く含まれる、水溶性ビタミンB群の一種です。

細胞の生産に欠かせない栄養素です。

妊娠中では、胎児の脳の発育を助け、神経を作る重要な役割をします。

特に「妊娠初期」に必要とされます。

葉酸が不足すると「神経管閉鎖障害」という胎児の先天異常を発症するリスクが高くなると言われています。

妊娠中は普通の人より「2倍」の葉酸の摂取が必要とされています。

どんな食品に葉酸は入っているの?

葉酸は主に緑黄色野菜に多く含まれます。

摂りたい食品としては、

「枝豆」、「ほうれん草」、「小松菜」、「ブロッコリー」、「アスパラガス」、「納豆」、「いちご」などがあります。

なるべく、多く摂りたいですよね。

2、亜鉛は何故必要なの?何を摂取したらいいの?

亜鉛は体内にある「300種類の酵素の成分」です。

細胞分裂を促して骨や皮膚の発育を促して、免疫力を高める働きもあります。

不足すると母体への免疫力の低下やつわりの原因になります。

また、胎児への影響もありますので、積極的に摂りましょう。

妊娠中は普通の人より「1.3倍」の摂取が必要とされています。

どんな食品に亜鉛は入っているの?

亜鉛は「牡蠣」に多く入っているのは有名ですよね。

あとは、「チーズ」、「納豆」、「カシューナッツ」、「牛もも肉」、「卵黄」、「高野豆腐」、「アーモンド」などがあります。

3、鉄分は何故必要なの?何を摂取したらいいの?

鉄分は血液の中にある赤血球の中の「ヘモグロビン」を作る材料になります。

妊娠中はや授乳中は赤ちゃんに取られる為、より多くの鉄分が必要になります。

貧血になると酸素を運ぶ役割のヘモグロビンが減少して、全身が酸素不足になります。

酸素が不足すると動悸、息切れ、めまいや身体がだるいなどの症状が出てきます。

妊娠中は普通の人より「1.7倍」の摂取が必要とされています。

どんな食品に鉄分は入っているの?

鉄分は「レバー」に多く入っているのは有名ですよね。

また、「牛もも肉」、「高野豆腐」、「牛ヒレ肉」、「牡蠣」、「ほうれん草」、「焼きのり」にも鉄分は入っています。

4、カルシウムは何故必要なの?何を摂取したらいいの?

カルシウムは骨の生成に欠かせない栄養素です。

カルシウムが不足してしまうと胎児に充分な量が行き渡らなくなります。

その場合、母親の骨からカルシウムを補うようになります。

そのままカルシウムを取らないと「骨粗鬆症」になる恐れもあります。

妊娠中は普通の人より「1.5倍」の摂取が必要とされています。

どんな食品にカルシウムは入っているの?

「小魚」や「牛乳」に入っているのは有名ですよね。

あとは「モロヘイヤ」、「イワシ」、「小松菜」、「ししゃも」、「豆腐」にもカルシウムは入っています。





授乳中に必要な栄養素はどんなものがあるの?

授乳中も妊娠中と同じく赤ちゃんの栄養となる「葉酸」「亜鉛」「鉄分」「カルシウム」は必要になってきます。

血液も母乳も同じ水分なので、水分もいっぱい摂るようにするといいでしょう。

授乳中の食事については↓の記事も読んでみてください

おすすめの関連記事

母乳育児のメリットは何でしょうか

母乳育児のすすめとつらい赤ちゃんの便秘対処法

妊娠中も授乳中も毎日の食事だけで、こんなにも多くの栄養を補給することはすごく難しいということを知っていましたか?

そこで今日は2種類のおすすめの葉酸サプリを紹介したいと思います。

超重要!「こころからだあんしん葉酸サプリ」の効果を解説します!

あなたは手足や、顔がむくんだりしませんか?

特に妊娠中に足や体にむくみを感じる人は多いそうです。

うちのママも妊娠中、授乳中は特に足のむくみと腰痛に悩まされていました。

そもそもこの「むくみ」というのは何故起こるか知っていますか?

「むくみ」の原因は、体内の塩分濃度の高さと、「カリウム不足」だと言われています。

そのカリウムとナトリウム(塩分)のバランスが整えばむくみはある程度軽減されると言われています。

1日に必要なカリウムの摂取量は妊娠中で2000mg授乳中でも2200mgも必要になってきます。

このカリウムの量はバナナ5本から6本分くらいに相当する量なんです!

1日にバナナを5本や6本も食べられないですよね。

「こころからだあんしん葉酸(パンパン対策)」はカリウムをたくさん摂取できる葉酸サプリなんです。

カリウム以外にも「ビタミンB1、B2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、B12、ピオチン、葉酸」などなどバランス良く入っています。

「むくみ」がきになる人以外にも「足つり」「貧血」「つわり」にも効くサプリもあります。

「妊娠中」はもちろん赤ちゃんを産んでから、「授乳中」でも使えるところがいいです。

市販のサプリは切れたら買いに行かないといけないけど、ネットで定期購入すれば、買いに行く手間も省けます。

気になる値段は、1ヶ月分(1日5粒です)定期購入で税込2411円です。

1日に換算すると「たったの80円」という価格です!

商品の詳細はこちらからどうぞ!

↓  ↓  ↓  ↓

普段飲んでいる「水」は何を使っていますか?

「水道水」ですか?それとも市販の「ミネラルウォーター」を使っていますか?

赤ちゃんをこれからすくすく育てていくのに適した水があるのをご存知ですか?

赤ちゃんの母乳を作ったりするのに最適な水を飲みたいと思いませんか?

今注目の天然水素水、大分県の名水「日田天領水」のウォーターサーバーでむくみを解消しませんか?

大分県の名水「日田天領水」「軟水」でおかゆや、出汁の旨みを引き出したり、お茶やコーヒーを飲むのにも適した水です。

私は日田天領水を始めて飲んだ時、こんなに美味しい水があることにすごく感動しました。

料理に使ってもよし、そのまま飲んでも美味しく飲めます!また水素水なので体にすごくいいんですよ!

バックインボックス(箱から直接注ぎ愚痴があるタイプ)のウォーターサーバーになっているので、とても衛生的です。

レンタル料・配送料・メンテナンス料が無料なので正味「水」だけの値段です。(月額3132円/20L)

1日に換算すると「100円ほど」なんですね!

美味しい水で赤ちゃんが元気に、ママの体調も良くなりたいと思いませんか?

詳細・お申し込みはこちらからどうぞ。

↓  ↓  ↓  ↓

葉酸サプリと日田天領水の合わせ飲みで、赤ちゃんもスクスク育つこと間違いなしですね!

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

おすすめの関連記事

合わせてこちらの記事も読んでみてください。

赤ちゃんも美味しく食べられる!初期の離乳食の作り方と進め方 

妊娠中・産後のつらい腰痛の原因とは?解消法とは?

*記事の感想、商品の感想などコメントいただけたら嬉しいです。

 

LINEにて子育ての情報発信を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録していただけると嬉しいです。

友だち追加

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。