こころの知能指数「EQ」を伸ばす!最先端の子育て法とは?

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

あなたの子供は「IQ」が高いと思いますか?

人の知能指数は一般的に「IQ」といいますね。

知能指数が高いと勉強も良くできていい会社に就職できて、将来も安泰だとおもいますよね。

IQとは「Intelligence Quotient」の略で、数字で表した知能検査の結果の表示方法の事になります。

100を平均値として、この数値が高いほど知能が高く、低いほど知能が低いといわれます。

誰でも頭の良い子供に成長してほしいと思いますよね。

しかしこれからの時代はただ単に頭が良いだけでは生きていけなくなる時代になるといわれています。

それは、心の知能指数「EQ」といわれるものを伸ばす教育が必要になるといわれています。






 

心の知能指数「EQ」とはどういうものなんでしょう?

「EQ」とは「Emotional Intelligence Quotient」の略で、日本では「こころの知能指数」と言われています。

1989年にアメリカのイェール大学のピーター・サロベイ博士とニューハンプシャー大学のジョン・メイヤー博士によって初めて論文で発表された理論です。

「EQ」は、人の態度や物言いなどのあらゆる言動は、その時々における自分自身の感情の状態に大きく左右されています。

したがってこのことを意識してうまく利用することができるのは一つの能力であり、この能力は誰もが備わっているものです。

だから適切な訓練によってその発揮能力を高めることができると言う概念です。

自分の感情と相手の感情を考え、行動をコントロールする能力のことをEQと言えます。

人の感情である「嬉しい」「悲しい」「楽しい」「怒り」「安らぎ」などを上手く自分でコントロールできる力のことを言います。

「悲しい」「怒り」「嫉妬」などのマイナスの感情を、前向きな「嬉しい」「楽しい」「やる気」「意欲」などプラスの感情に変えていくことができる人は「EQ」が高い人といえるでしょう。

生きていく中で感情をコントロールできるかどうかの「人間力」の指数であるといえるでしょう。

「EQ」と「IQ」の違いとはなんでしょう?

一般に「IQ」が高い人は「頭が良い」と言われてきました。

そして頭が良い人は人生において成功者となると考えられてきました。

しかし実際に世の中を見てみるとこの考え方が必ずしも正しいとは言えないことがわかりますね。

例えば学生時代にあまり成績が良くなかった人が立派な経営者になったりすることがありますよね。

逆に、学生時代に成績が優秀だった人が実社会に出てからあまり活躍できなかったということもしばしばあります。

「IQ」が高くて「EQ」が低いとどうなるの?

学術的に「天才」と言われる学者に高機能広汎性発達障害になる人が多く見られると言われます。

高機能広汎性発達障害とは対人関係やコミュニケーションに問題があるけどIQが高い人のことを言います。

IQが高くてEQが低いとある面ではすごく能力を発揮するのですが、社会的に適応が難しくなるという状態になることが多くなります。

結果的にIQを生かすためにはEQも必要になってくると言われます。

おすすめの関連記事

こちらの記事も合わせて読んでみて下さい。↓

天才的な吸収力を発揮!3歳までに子供の脳の80%は出来上がります

2020年に教育が変わる?これからの時代に求められる教育とは?

 






なぜ「EQ」が大切なのでしょうか?

「場の空気を読む」って聞いた事ありますよね。

「KY」という言葉も流行りました。

これは周囲の人の反応を意識することなんですね。

他人の表情や言動を読み取って、自分でどう考えて行動を取れるかということが大事になってきます。

場の空気を読むことに長ける人は集団への親和性が高くなり、場の空気を読めない人は集団内の人からの評価が低くなると言われます。

ビジネスで成功している人は特に感情を賢く使っていると言われ、特に人間関係がスムーズにいくかどうかは感情の使い方が大きく影響しているみたいです。

EQを高める子育てとはどんなものでしょうか?

子育てをしていると、子供の感情に振り回されることがありますよね?

ぐずったり、泣き叫んだり、かんしゃくを起こしたり・・・

どう対処していいか悩んでしまうこともありますよね?

忙しいのでついイライラしたり、怒ってしまうことも多くないですか?

子供は誰でも生まれつき感情をコントロールすることはできないでいます。

不快な感情も甘えたい感情も赤ちゃんは泣いて周りに伝えますね。

それが徐々に成長するたびに、笑ったり怒ったり感情を表情に出せるようになったり、言葉で伝えられるようになってきますね。

それらの感情を上手くコントロールできるかどうかは幼少期の親との関わり方が大きく関係していると言われています。

このコントロール能力の高さがEQの高さだと言われています。

EQが高い子供の特徴とは?

自分の意見をはっきり言える子

EQが高いと自分の意見をしっかりと言葉で言える子になります。

自分の気持ちを隠して、ためていつか爆発させたり、一人で悩んだり・・・・ということがなくなります。

素直に周りに伝えられる子に育つということですね。

我慢強い子

買い物に行った時よく見かけませんか?

お菓子やおもちゃを買ってもらえずひっくり返ったりずっと泣き叫んだりしてる子いますよね?

我が長男くんもそんな時ありました。

幼い時はそんな子も多いですが徐々に状況を理解して我儘を言わなくなる子と、いつまでも言っている子の違いはEQの高さにあると言われています。

成長するごとに我慢しなければいけないことも出てきます。それに対応できる子がEQが高いこと言えます。

目標を自ら見出せる子

親や先生から言われたからやったことよりも、自分で目標を定め、コツコツとそれに向かって努力をするほうが、人生の経験値は上がりますよね。

目標を自ら見出して、自分で考えて行動できる子になってほしいですよね。

他人の気持ちを思いやれる子

EQが高いと他人の事まで考えられるようになります。

感情をコントロールするため、冷静に客観的に判断する事ができるので、自分本位な考えにはなりません。

聞き上手で人の表情を読み取るのがうまいので、人から好かれる子はEQが高いといわれます。

EQを育てるための親の関わり方とは?

それでは人生にとって大切なEQはどうやって育てたらいいのでしょう?

どのようにEQの高い子供にする事ができるのかみていきましょう。

1、愛情いっぱいに接してあげよう

たっぷりの愛情を幼少期から受けた子はEQの高い子に育つでしょう。

甘やかしではなく、当たり前の事だと思いますが、大げさなくらい愛情を言葉や態度で示してあげましょう。

またたくさん会話をしてあげると良いです。たくさん親と会話をした子は感情が豊かになると言われています。

親に愛されている子どもは自己肯定感が強いと言われています。

自分に自信がある、困難に直面しても乗り越えられる子供になります。

おすすめの関連記事

合わせてこちらの記事も読んでみて下さい。↓

子育ては親からの「言葉」と「愛情」で100%変わります

子育て中のママ必見!子育てにおける魔法の言葉とは?

2、絵本をたくさん読んであげよう

子供に絵本を読み聞かせてあげるのはEQを伸ばすのにいいと言われています。

絵本の世界で普段できない体験を想像させてあげることにより想像力が膨らみます。

読み聞かせをすることで親子のコミュニケーションの時間が増えます。

おすすめの関連記事

合わせてこちらの記事も読んでみて下さい。↓

子供の想像力や記憶力を伸ばすには読書をすることが効果的です

「EQ」を伸ばすのに適した習い事とは?

ここ最近でEQを伸ばすのに良い習い事として「ピアノ」が注目を集めているのを知っていましたか?

ピアノを習うことで脳にいろいろな刺激を与え、感情のコントロールをする脳の前頭葉にも良い影響を与えてくれると言われています。

「ピアノ教室」の効果についてはこちらの記事を読んでみて下さい。↓

天才児が育つ?子供のピアノ教室の効果とは?

子供の将来にとってEQを伸ばすことはあらゆる面でプラスになるんですね。

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

PS.

最近「コーチング」という言葉をよく耳にしませんか?

初めて聞くよ〜!っていう人もいるかもしれません。

「コーチング」とは人材開発の技法の一つです。

対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされます。

相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法です。

この「コーチング」を子育てに取り入れてみたら、「子供が急にやる気が出た」、「子供がすごく前向きになった」など目標を持って取り組む子が増えたらいいなと思って一冊の書籍を紹介します。

・夢を紙に書き出せば叶う
・壁に貼り、毎日声に出して読み上げる
・具体的な日付を入れてゴールをイメージする

このような話を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

成功の原理原則は「明確にすること」

数多くの本にも書かれていて
冒頭の3つも間違いなく効果がある方法でしょう。

なのに

紙に書いても、、、
声に出しても、、
日付を入れても、、、

夢や目標を達成している人が少ないのが現実。
(統計では3%という数字が出ています)

なぜ、これらをやっても
ほとんどの人が達成できないのか?

それは、もうひとつ「ある」ことが
明確になっていないからです。

それは何か?

続きはこちら

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録していただけると嬉しいです。

友だち追加






こころの知能指数「EQ」を伸ばす!最先端の子育て法とは?」への2件のフィードバック

  1. ALIERI

    子供がかんしゃくを起こしたときは、
    なぜか子供は、自分で違う部屋の暗がりに行って
    落ち着いたらでてくる
    という行動なのですが、

    彼女のペースで落ち着くのに合わせています…
    謎のおもしろい行動と思ってみているのですが、
    とりあえず、愛情、必要ですね(´▽`*)

  2. もねぞう 投稿作成者

    コメントありがとう😊
    ウチの子も癇癪を起こしたら一人になりますよ。
    落ち着いたら何事もなかったように振る舞ってます。
    愛情持ってやったら上手くいきますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。