赤ちゃんの初めての祝い事!お宮参りを徹底解説します!

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていますね。

あなたの子供は「お宮参り」はどこに行きましたか?

近くの神社ですか? そう!お宮参りとは、赤ちゃんが生まれて初めて神社に参拝して赤ちゃん誕生の報告を神様にする行事なんですね。

初めての赤ちゃんができて、どうしたらいいか四苦八苦している新米のママやパパもいると思います。

今回はそんなお宮参りについて由来とやり方について書いていきたいと思います。

お宮参りの由来とは何でしょうか?

お宮参りとは赤ちゃんが生後1カ月頃に都合の良い日を選んでお子さんの誕生を祝い、「健康と長寿を祈る儀式」のことをいいます。

産まれた土地の守り神である「産土神様(うぶすながみさま)」に参拝する行事です。

お宮参りの歴史は古く、室町時代以前はお産は汚いものだと思われていたそうです。

当時はお宮参りのことを「忌み明けの祝い」と呼ばれていました。

母親の忌み明けと生まれた赤ちゃんの氏子入りの儀式と一緒にお参りされていました。

お宮参りと呼ばれるようになったのは室町時代からと言われています。



お宮参りはいつに行ったらいいんでしょうか?

初めての出産でわからないことが多いですよね?

お宮参りは正式には男の子は「生後31日目」、女の子は「生後32日目」に行くことが習わしになっています。

しかし季節によっては暑かったり、寒かったりしますよね?

また天候が悪かったり、パパのお仕事の都合なんかもありますよね。

出産後はママの体調もあるので正式に生後30日頃と決めつけず、都合の良い日時ですると良いでしょう。

お宮参りはどこの神社に行けばいいのでしょう?

こちらもいろいろな神社があるので迷いますよね?

大きな神社の方がいいんじゃないの?ということも思うかもしれません。(私も思っていました)

でも一般的には「近所の神社」でいいんです!

もともと生まれた土地の「産土神(うぶすなかみ)様」に赤ちゃんの健康と長寿を願う儀式なので、無理に遠出して大きな神社に行く必要もありません。

基本的に「祝詞」を上げてもらえる神社ならそこで十分なんですね。

同じく赤ちゃんが成長して「七五三」も同じ神社で参拝してもらっても大丈夫なんですね。

気になるお宮参りの作法とは?

いざ神社に着いた時にどうしたらいいかわからないという方に、知っておきたいことを書いてみました。

神社ではまず境内の手洗い場で手を洗います。

口をすすいで「神前」に進みます。

お賽銭をあげ、鈴を鳴らし二礼する。

その後大きく柏手を二回打ち一礼する。

通常のお宮参りでは家族で近くの神社にお祝いの参拝をするだけで充分です。

祖父母や親族を集めてきちんと作法にのっとったお宮参りを行う場合は、神社に予約して神職に祝詞(のりと)をあげてもらいます。

お宮参りで神社にお祓いを受けて祝詞をあげてもらう場合は、事前に社務所に予約しておきます。 その際にかかる祈祷料のことは、「初穂料」「玉串料」と言ってだいたい5000円から10000円くらいが目安になります。

赤ちゃんの服装はどうすればいいの?

赤ちゃんのお祝い事なので正式には「祝い着」を着せてあげたいですよね?

男の子であれば羽二重地の紋付で鷹や鶴などのめでたい図柄の「熨斗目模様(のしめもよう)」がいいとされています。

女の子であれば縮緬(ちりめん)に花柄をあしらった「友禅模様(ゆうぜんもよう)」がいいとされています。

最近では「レンタル衣装」などを利用する人も増えてきました。


 

特にこだわりがなかったら、「ベビードレス」にケープをつけてあげるだけでも大丈夫です。

お宮参りでは誰が赤ちゃんを抱っこするの?

実は昔は赤ちゃんを抱っこする人は決まっているんですね。

昔はお産は「汚れたもの」とする考えがあったんですよね。

お産をしたお母さんはまだ汚れているので、「父方の祖母」が赤ちゃんを抱っこするようになっていたんです。

もともとはお母さんの「忌み」のお祓いと、赤ちゃんの誕生の報告の儀式を合わせたものだったんですね。

現代では特に礼儀違反になったりするものではないので誰が抱っこしても構わないようになっていますね。

お宮参りについてのまとめ

  • お宮参りは「近所の神社」に赤ちゃんの誕生の報告をしましょう
  • 「生後30日前後」に都合の良い日にいきましょう。
  • 祖父母や親戚が集まる場合は前もって神社に予約を入れておきましょう。
  • 赤ちゃんの服装はこだわりがなければベビードレスでも大丈夫!
  • 昔はお産の「忌み」のお祓いと、赤ちゃんの産土神さまへの報告の儀式でした。

お宮参りが終わると、100日頃には「お食い初め」初節句、さらに成長すると「七五三」などの祝いの儀式があります。

また別記事にて書いていきたいと思います。

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

おすすめの関連記事

合わせてこちらも読んでみてください↓

お食い初め〜生後100日目の赤ちゃんのお祝い〜

こどもの日に飾りたい「鯉のぼり」と「五月人形」

七夕はどんな日なの?由来と七夕飾りの意味とは何でしょう?

初めての七五三詣り!その由来と意味とはなんでしょう?

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。

友だち追加






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。