おむつ離れは2歳までにやっておくと後が楽です

こんにちは。

今日も子育ての情報を書いていきますね。

我が家の次男君は10ヶ月になりました。

0歳からのトイレトレーニングを始めてからはや半年経ちました。

夜寝る時と、お出かけの時以外はパンツにトレーニングパッド、朝と夕方にはオマルに座らせてオシッコやウンチをさせています。

詳しくはこちらの記事もどうぞ!↓

脳に感覚を覚えさせよう!0歳のトイレトレーニング実践編

その成果は2日に一回くらいはオマルでオシッコやウンチができるようになりました。

早くオムツ離れができるようになればと日々がんばっています!

今日は赤ちゃんからできるトイレトレーニングについて書いていきたいと思います。



おむつ離れの時期はいつなの?

おむつ離れは早い方がいいっていいますよね。

でもなかなか3歳、4歳になってもおむつ離れ出来ないと大変ですよね?

おむつ離れが遅いと幼稚園に行っても浮いてしまったりママの手がなかなか離せなかったり、おむつ代もかかりますよね?

以外とかかる?年間のおむつ代はいくらなの?

実際にオムツ代っていくらくらいかかるのでしょう。

毎日の消耗品だからあまり気にしたことはない人が多いですよね。

年齢にもよりますが、1パック1200円位、1カ月で2パック使うとして計算しました。

なんと!年間28800円、年間3万位使っているのですね。

因みに「おしりふき」や「オムツポットの袋」も合わせたらそれ以上かかりますね!

おむつ離れ出来ない原因は何?

最近では大人のオムツも増えてきました。老人になって一度オムツを使うとそのままずっとオムツ生活になってしまうんですね。

大人用も進化しています!もちろん子供用の紙おむつも年々進化しているんですね。

紙おむつが普及してなかった時代は、実はおむつ離れというのは早かったんですね。

私の子供の頃も幼稚園でオムツの子はほとんどいませんでした。

今のおむつって凄く性能がいいんです。


だから赤ちゃんがオシッコしても泣かないし、おむつの吸水力は半端ないんです。

昔はオシッコしたらビシャビシャになって気持ち悪かったからすぐ泣いたりしたんですね。

長男くんは3歳と2カ月でおむつ離れしました。

長男くんの時は普通に3歳までおむつをしてました。

幼稚園に上がるまではおむつ離れをしておきたいと思い3歳の時にトレーニングパンツでトイレトレーニングをしてました。1人でトイレに行けたらしまじろうのシールを貼ったり。

トイレ用の踏み台・子供の補助便座も用意しました!

↓  ↓  ↓

夏場のほうがいいということで、夏場に集中してトイレトレーニングした結果3歳と2カ月でほぼおむつ離れできました。

おむつ離れを早くする方法とは?

今のおむつは性能が凄く良いので、なるべくオシッコやウンチをしたら気持ち悪いということを脳に早い段階で分からせる必要があります。

トイレに早い段階で座らせることを脳に分からせる必要があります。

でも赤ちゃんは小さいので、大人が使う便座や子供用の補助便座だと不安定で危ないですね。

「おまる」だとその心配は要りません。特に「ホーロー製」はいいらしいですが。

でも昔のおまるってなんかいいイメージないですね。今のおまるってオシャレで可愛いデザインの物も増えて子供も喜んで座ってくれています

こちらが次男くんに用意したおまる。リッチェルの新生児から使えるおまるを紹介します!

リッチェルのプチポッティです。↓

早い時期のおむつ離れはメリットがいっぱい

早い時期におむつが離れると、助かりますよね。早い子は1歳代でとれる子もいるといいます。

早くしようとすると子供にもプレッシャーになりますよね。子供にも負担にならないようにしたいですね。

おむつ代節約、子供に自信がつく、子供の発達にも影響があるので早いことおむつ離れしてくれたら助かりますよね。

赤ちゃんは生まれた時から学習するのでトイレトレーニングも早い方がいいと言われます!

 

天才的な吸収力を発揮!3歳までに子供の脳の80%は出来上がります

トイレトレーニングも根気が必要です!すぐにおむつが取れたら楽なんですがなかなかうまくいかない時も多いです。

焦らずに、子供のペースで楽しくやってみたらうまくいくと思います。

こちらは動画で簡単にトイレトレーニングやおむつはずしをすんなり上手くいく秘訣を紹介しています。

↓ ↓  ↓

汚さずにらくらくオムツ外し

2歳までにおむつ離れができると子育ては格段に楽になってきます!頑張りましょう!

本日もお読みいただきありがとうございます。参考になれば幸いです。

 

*記事の感想や商品の感想などコメントいただけたら嬉しいです。

 

LINEにて「子育ての情報発信」を始めました。

子育てにおいてのちょっとした知恵や、脳科学に基づく教育法などの情報を定期的にお届けします!

よろしければ友達登録お願いします。↓

友だち追加



ブロトピ:子育て情報発信♪はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。